会員レター第172号

発行:2021年2月

ビアフェスタ会員の皆様へ

 

立春の候、会員の皆様におかれましては、いかがお過ごしでしょうか。
いつもビアフェスタをご利用いただきまして誠にありがとうございます。運営者一同、心よりお礼申し上げます。

2月のビールは決まり次第お知らせいたします。

 

さてここで当ファン倶楽部’ビアフェスタ’のご紹介をさせてください。
ビアフェスタは毎月一度、ファン投票をもとに選ばれた地ビールを

(1)計画生産ゆえにできたて一番蔵出しを
(2)計画配送で美味しいチルド配送によって
(3)管理費用の低減で実現した割安料金で

味わうためのメンバーズ倶楽部です。

世界中の料理文化が繚乱と花咲いている日本で、いつも‘とりあえずのビール’では寂しくありませんか?
グラスでまったり味わう地ビールで、過ぎし日の一週間をゆっくりと振り返る、もしくはこれからの楽しい一週間に思いをはせる・・・なんてとっても素敵だと思いませんか?

サポートスタッフ一同頑張りますので是非応援してください。
日本のビール文化をさらに充実させていきましょう。
こんな時だからこそ、ご自宅での時間をちょっと贅沢な素敵な時間にできるよう、お手伝いをさせてください。
どうかこれからも末長いお付き合いをいただけますよう、よろしくお願い申しあげます。

地ビールファン倶楽部 ビアフェスタスタッフ 一同より。

 

編集後記

 

「新年を過ごすにあたり10年後の日本、自分を色々と想像してみた。コロナような全く想定していなかったことが起こるので自分が無事安全に健康に過ごすという超楽観的な前提で考えてみた。経済紙やネットですぐに入手できるような少子高齢化やインドにGDPで抜かれるとかそんなことも含めて考えて。そして一番気になったのが、果たして自分は今と同じように(当然職種は変わっているでしょうが)働けているのだろうかということにいきつきました。国が、自分が働ける環境にあるかどうかで所得の多寡等全く関係なく毎日でもなくて当然良いので働くことが出来るかどうかが全てでした。そう考えたらリモートで楽したいと考えている自分が恥ずかしくなりましたね。また仕事に感動をつけることができればずっと続けていける確信は持てました。知恵絞って仕事を変化させていこうと思っています。ビールが発酵するように。」(さ)

 

コロナ禍で「軽く一杯飲んで帰ろう」がなかなかできにくい昨今、東京近郊のクラフトビールバーではリターナル容器を使って宅飲み用ビールをデリバリーするところが出て来ました。もともと海外のマイクロブルワリーでは耐圧容器への量り売りスタイルが一般的ですから、この先オンライン飲み会などで宅飲み需要が増えてくると、醸造所や酒販店の充填機から直接耐圧容器に量り売りしてもらえるようになり、自宅で生ビールのだいご味を味わえる時代が来るかもしれません。ビアバーで人と飲むのはもちろん楽しいけれど、自宅でお気に入りの生を味わうというのもありだと思うのです。それに今はコロナ禍の打撃を受けた飲食店に対する救済措置として、国税庁が期限つきではありますが酒類小売業免許を与えています。飲食店でも店内で販売している酒類をテイクアウトで小売り販売できるということなので、営業時間の短縮要請に苦しむビールバーやビールレストランにとっても販路拡大につながるはずです。ビールファンの力で、アフターコロナのライフスタイルとして、クラフトビールのデリバリーをムーブメントに発展させられたら素敵ですね。リターナル容器はワンウェイ容器と違ってSDGs的でもありますし…。なお、クラフトビールの量り売りに使われる専用容器をグラウラーと言います。わたしのお気に入りはレボマックス製の耐圧水筒で、3層で機能性に優れた特徴的なキャップがスタイリッシュで気に入っています。ビール用であれば20oz(592ml)の大きさが使いやすいでしょう。機密性が高い二重構造のステンレス製なので炭酸OKで液漏れなしですし、保冷バッグなしで36時間の保冷力があるそうです。ビール以外にもけっこう使えますよ。まずはビアフェスタで日本各地のクラフトビールを知っていただき、お気に入りを見つけたらお店のデリバリーで宅飲みに…今年はそんな夢を描いています。いしわたかおる

 

美容室は12月が繁忙期で1月が閑散期だそうです。恐らく男性は「なんで?」と思い、女性は「そりゃそうだよね」と思うのかもしれません。私はおじさんですので「なんで?」というところです。新年をさっぱりリニューアルした自分で迎えたいという心境なのでしょうか。
早いものでもう1年の12分の11が終わってしまいましたね。せっかく髪を整えてもマスクをしなければいけない時期なのでテンションが上がりにくいのかもしれません。先日出た新刊『やせたい人は食べなさい』という、20年前のミリオンセラーのリバイバル版を読んでみますと、何を食べるかというよりも前に、良好な精神状態を保つことで体も健康的になっていくということが読み取れました。コロナがいつまで続くのかわかりませんが、家の中でクラフトビールを飲んでリフレッシュすることが、健康維持の秘訣ですね♪(D)

厳選地ビール330ml(原則6本)月々3,600円

ビールの銘柄により内容本数や常温/チルドの発送方法に変更がある場合がございます。
離島・山間部など配達に時間のかかる地域へのお届けの場合、別途離島料金が発生する場合がございます。

できたてすぐを一番蔵出しのチルドで毎月お届け

ご入会案内

新着の地ビール

道後ビール

愛媛県からお届け:2021年12月

ただいま選定中です♪

決まり次第お知らせいたします♪

からお届け:2022年1月

ただいま選定中です♪

決まり次第お知らせいたします♪

からお届け:2022年2月