会員レター第42号

発行:2010年2月

なんとなく木々のこずえが赤らんで見えます。春が近いのですね。
いつもビアフェスタをご利用くださいまして誠にありがとうございます。運営者一同心からお礼申し上げます。

旬のみどころピックアップ

今月のビールは富山県氷見市の(株)いきいき地ビール様からご提供いただきます「いきいきびーる」でして6本セットを送付させていただきます。
富山県の西側に位置する氷見市は日本海を懐に抱え雄大な立山連峰を望む、海と山が美しいコントラストをなしている町です。


その名前の由来は濾過も熱処理もしていないためビールが「生き生き」と残っているからだそうです。(参照、アスキー ニッポンの地ビールより)
このビールは醸造者がとことん「水」にこだわったビールと紹介しても良いのかもしれません。「その仕込水の井戸水は、万葉歌人で越中国史だった大伴家持が愛し多くの歌に詠んだ、二上山麓の日本有数の石灰岩地層を通り抜け浄化された硬水で、カルシウム、マグネシウムを含んでいます。また、黒部氷筍水(黒部ダムがある峡谷部の地層から湧き出るミネラル豊富な天然水)、富山湾海洋深層水(富山湾の水深約300m以深の海洋深層水)、清水(清流、黒部川扇状地湧水群の一つで、全国名水百選にも選ばれた、富山県富山県黒部市生地の清水)を仕込水に使用したビールを醸造しています。今後も、水にこだわり、旨いビール造りを続けていきます。」ということです。太閤エールを代表に数々の賞を取っておりご存知の方も多いでしょう。是非その味をお楽しみくださいませ。

さて富山と言うとこの時期は海越しの「立山連峰」や富山湾で採れた新鮮な「寒ブリ」や「ホタルイカ」を思い浮かべますね。氷見漁港は全国的にも超有名な漁港で氷見市には年間160万人もの観光客が訪れるそうです。成長とともに呼び名が変わる出世魚の代表格であるブリ。この時期、定置網で獲れるブリは重さ10kgにもなる大物。荒波にもまれ身が引き締まり、最も脂がのった美味しさから、とくに「寒ブリ」と呼ばれ珍重され、その極上の味は「富山湾の王者」の名にふさわしい風格さえ感じさせてくます。
また小さな体に、無数の発光器をもつホタルイカ。春の夜、海上に青白い光を放つ光景は「富山湾の神秘」そのもの。富山県内では、さまざまなホタルイカ料理で、春のさわやかな美味を堪能できます。ああ~、どちらも今すぐ食べたい。。。

さてここで当ファン倶楽部‘ビアフェスタ’のご紹介をさせてください。
ビアフェスタは毎月一度、ファン投票をもとに選ばれた地ビールを

(1)計画生産ゆえにできたて一番蔵出しを
(2)計画配送で美味しいチルド配送によって
(3)管理費用の低減で実現した割安料金で

味わうためのメンバーズ倶楽部です。

世界中の料理文化が繚乱と花咲いている日本で、いつも‘とりあえずのビール’ではさびしくありませんか?
我々が会員の皆様にお伝えしたいものそれは、せめて週末ぐらいは自分へのご褒美を・・・ビールジョッキで豪快に飲むビールではなくて、グラスでまったり味わう地ビールで、過ぎし日の一週間をゆっくりと振り返る、若しくはこれからの楽しい一週間に思いをはせる、なんてとっても素敵だと思いません?
サポートスタッフ一同頑張りますので是非応援してください。日本のビール文化をさらに充実させていきましょう。どうかこれからも長いお付き合いをいただけますよう宜しくお願い申しあげます。
春待つ日々の御平安をお祈りしております。
地ビールファン倶楽部 ‘ビアフェスタ’ 一同より。

平成22年2月吉日

今月の地ビール「いきいき地ビール」のご紹介

ビール醸造のこだわり

いきいき地ビールは、富山県の北西端にあり、能登半島の付け根にあります。日本は元々水が豊富で、飲料水に事欠く事はありませんので、若干水の事を粗末に扱うところがありますが、ビールは湧水(井戸水等)が、無処理で呑む事が出来ない為、飲料水を目的にできたものと聞いていますので、水の有難味を感じつつ呑む飲み物ではないでしょうか。美味しくない水を美味しく飲む為に、又、保存性の悪い水を保存させる為にと云う事で、産まれたビールを、より美味しい水で醸造すれば、より旨いビールが出来るのではと思い富山県の名水を取り寄せ、醸造いたしました。

黒部氷筍ビール

黒部氷筍ビールは、『黒部の太陽』で有名なダムの管路掘削で悩まされた『破砕帯の水』を取り寄せ、醸造しております。黒ビールではありますが、スッキリとした飲み心地に、優しいノド越しで、黒ビールが苦手の方でも、美味しく頂いて貰える黒ビールです。


めざめるビール

富山湾の海洋深層水を仕込み水に使用しています。エール系のビールで深層水に含まれるミネラルが躯の細胞を目覚めさせる活発化させるビールです。又、深層水を仕込み水に使用する事により、魚料理に合うビールです。刺身を始め、焼き魚、煮魚等、色々な魚料理と一緒に呑んでお楽しみ下さい。

太閤エール

アルコール度7.5%と高アルコール度で、麦をふんだんに使い、通常のビールより発酵に四倍以上の時間を掛けた熟成された贅沢なビールです。ビールを楽しむと言うよりも、ワインを楽しむ様な感覚で飲むビールです。
旨味があるビールなので高アルコール度が気になりません。女性の方にも非常に人気があるビールです。


作り手のご紹介(北越 弘基様)

美味いものが大好きで、肉料理には、イベントでお客さんより賞賛を受ける料理人?
地ビールに合う料理を考えながら、どんな料理にも合うビールを追い求めています。元々は建設業ではありましたが、バブル時にゴルフ場の設計業務を行なっていた為、飲食関係者と久しくなる機会も多く、美味いものを追い求める様な生活していた故に、この地ビール業界に入った変わり種です。

ビールという枠に拘らず、料理の友として、料理を引き立てる美味しい飲み物としての地ビールを提供致します。

来月の地ビール「常陸野ネストビール」のご紹介

常陸野ネストビール

「木内酒造では、185年に渡る日本酒造りの高い技術を活かし、丹精込めて造りだされるのが本場ヨーロッパにも引けを取らない本格的なビール、それが常陸野ネストビールです。
各国のビールが集まりその味を競う世界最大のビールコンテスト、ワールドビアカップ2004(アメリカ)におけるハーブ&スパイス部門第1位ゴールドメダルは、2000年に続く2度目の快挙となり、イギリス最大のビールコンペでは金賞受賞のビールの中から選ばれるチャンピオンビールの栄誉も授かりました。その他本場ドイツ、ベルギーでも金賞や最高位に輝く常陸野ネストビールは世界各国で高い評価をいただいております。
欧米での高い評価を受け、現在ではアメリカ全土をはじめイギリス、スウェーデン、イタリア、ロシア、香港、デンマークと世界中に輸出され、海外でもっとも飲まれている日本のクラフトビールとなりました。」

編集後記

先週所用で急遽宮崎まで家内と行ってきました。この飛行機の予約で一言。宮崎まで通常の片道料金は38000円と大変高くこれが色々な形で割引チケットを使ったりして何とか1000円でも安く利用しようとネットで色々調べるわけであります。行きは早朝割引(始発の6:40分の便)やネット割引を使ってチケットをゲットしたのですが(約半額)、帰りの便が全く取れない。先週は読売ジャイアンツやその他のプロ野球球団、ならびにサッカーのチームも宮崎でキャンプを張っており観光客が大挙押し寄せてきたためでした。そして帰りのチケットの争奪戦が始まったわけです。私と家内で手分けしてJAL、ANA, そしてSNA(スカイネット)へのキャンセル待ちチケットの取得のためです。実はキャンセル待ちは2日前に終了するためどうしても必要な場合は前日に電話かけまくって誰より早くキャンセルのチケットを取るという昔のテレクラのようなシステム(?)が採用されているわけです。電話かけた者の勝ちみたいなもんです。結局100回くらいかけて一人分の席しか取れずあきらめかけていたところ朝一番のフライトが取れ何とか戻ってくることが出来ました。キャンセル待ちは前日まで可能にしてくれたらこんな不便はないわけですしJALさんも大変でしょうがそのあたりなんとかお願いしたいものであります。ちなみに帰りはJALでしたが機内のコーヒーは美味しかったですしCA(スチュワーデス)さんも皆お綺麗で優しくこれからの未来に幸多かれと祈らざるを得ませんでした。そして一言「JALの株買い取ってくれませんか~」と聞かざるをえません。『鶴(JALのマーク)の恩返し』末永く待っておりますからね~~~(さ)

冬季オリンピックが始まりましたね。現時点で日本はメダル2つ。1つでも多くのメダルを日本に持って帰ってほしいですね~。選手の中には禁酒し、練習に励んできた選手もいるでしょうね。バンクーバーで美味しいビールを飲んできてほしいですね。
で、バンクーバーの地ビールを調べてみました。バンクーバーだけでも数多くの醸造元があるんですね。West Coast UBrewという醸造元のサイトを見てみると、な、なんと42種類のビールを作ってるではないですか。エールでも13種類。それに安い!!48リットルで135ドルほど。羨ましい限りですね。
ここのサイトのフォトギャラリーに醸造元内の建物が。なぜかキリンビールのロゴがあるのはなぜ・・・???(く)

今月は会社のみんなで小田原の2つ先、根府川というところでキャンプをしてきました。朝5時に出発し東海道線を使ったのですが現地に近付くにつれ車内の温度が上昇していくのです。小田原は温かい所と喜んでいました。実は今回の旅行の目的は耐寒訓練だったのでこの暖かさにホッとしていました。現地はダイビングが盛んなところで海は冬ということもあり澄みきっていて底の魚がはっきりと見えるぐらいきれいな海でした。釣りもしましたが小さなウナギのような魚が釣れたり内心では子供のようにうれしい気持ちにさせてくれた根府川でした。ところが夜になるにつれ寒さが増し、バーベキューの火から離れることができなくなってしまいました。ビールも当然のことながら飲んだのですがこのビールがとても冷えているのです。温かいビールは考えられないですがこのときだけはビールの冷たさが体に応えおいしいと口では言いながら全然味がわからない状況でした。夜、寝袋に入ったのですがあまりの寒さ(この日は今年一番の寒さだったそうです)に一晩中唸っていました。誰だ!こんな企画したのはと思わず叫んでいましたが旅行というのは面白いものです。日の出とともにぐんぐん気温が上がりやっぱり旅行に来て良かったと思ってしまいました。温かい海辺と済んだ空、都会にはない最高の経験でした。(な)

企画したのは私です。おかげで一生忘れない旅になったでしょう?テントの中と外の温度が一緒になるとは露知らず氷点下の元で眠るという無謀なプランを強要してしまいました。申し訳ないです。この次は正月の名物『大学箱根駅伝』のコースをテントかついで1泊2日の徒歩の旅に出ましょう。出発点は東京大手町読売新聞社前朝8時に集合です。ご期待ください。(さ)

キリンとサントリーの合併ばなしは霧散してしまいましたが、「世界戦略の加速と国内収益基盤の強化に対応」するために必要とのことであり、急激なM&Aの波に飲み込まれないように地位を確保したかったための合併と見ています。世界的にはインベブとSABミラーが先頭に立って寡占化を進めています。インベブはベルギーのインターブリューとブラジルのアムベブの経営統合でできた会社、SABミラーは南アフリカから出てきた会社です。いづれも広大なビール未開拓市場を狙っての事業展開でしたが、インベブが米国市場を狙ってバドワイザーを買収したあたりから、世界規模でのパワーゲームが加速しました。デフレでビールの国内消費は縮小する一方です。日本企業には、国内よりも海外に目を向けてグローバル競争に参戦してもらえたらと思っています(わ)

厳選地ビール330ml(原則6本)月々3,600円

ビールの銘柄により内容本数や常温/チルドの発送方法に変更がある場合がございます。
離島・山間部など配達に時間のかかる地域へのお届けの場合、別途離島料金が発生する場合がございます。

できたてすぐを一番蔵出しのチルドで毎月お届け

ご入会案内

新着の地ビール

DHCビール

静岡県からお届け:2021年11月

ただいま選定中です♪

決まり次第お知らせいたします♪

からお届け:2021年12月

ただいま選定中です♪

決まり次第お知らせいたします♪

からお届け:2022年1月