会員レター第181号

発行:2021年11月

ビアフェスタ会員の皆様へ

 

晩秋の候、会員の皆様におかれましては、いかがお過ごしでしょうか。
いつもビアフェスタをご利用いただきまして誠にありがとうございます。運営者一同、心よりお礼申し上げます。

11月のビールは決まり次第お知らせいたします♪

 

さてここで当ファン倶楽部’ビアフェスタ’のご紹介をさせてください。
ビアフェスタは毎月一度、ファン投票をもとに選ばれた地ビールを

(1)計画生産ゆえにできたて一番蔵出しを
(2)計画配送で美味しいチルド配送によって
(3)管理費用の低減で実現した割安料金で

味わうためのメンバーズ倶楽部です。

世界中の料理文化が繚乱と花咲いている日本で、いつも‘とりあえずのビール’では寂しくありませんか?
グラスでまったり味わう地ビールで、過ぎし日の一週間をゆっくりと振り返る、もしくはこれからの楽しい一週間に思いをはせる・・・なんてとっても素敵だと思いませんか?

サポートスタッフ一同頑張りますので是非応援してください。
日本のビール文化をさらに充実させていきましょう。
こんな時だからこそ、ご自宅での時間をちょっと贅沢な素敵な時間にできるよう、お手伝いをさせてください。
どうかこれからも末長いお付き合いをいただけますよう、よろしくお願い申しあげます。

地ビールファン倶楽部 ビアフェスタスタッフ 一同より。

 

10月の地ビール 霧島高原ビールのご紹介

 

チェコのビールに魅せられて、同じ原料・同じ硬度のお水を使用して造られているチェコ生まれ薩摩育ちのこだわりのビールをお楽しみに!

 

編集後記

 

「秋の味覚に思う。松茸、栗、サンマ、秋の味覚に思いをはせる時、私は60歳を過ぎてから蕎麦が好きになり、新そばを楽しむことが多くなった。
関西人なので蕎麦よりうどんと信じて生きてきたが、最近は蕎麦8:うどん2の割合で蕎麦を多く食する。最初にビール飲んで、蕎麦屋のあてを適当に楽しみに、最後はもりで〆る。正直に言うと冷酒も1~2合は飲みます。ビールも冷酒もどちらも美味い。聞くところによると蕎麦畑は現在日本で広がっているらしい。理由は蕎麦の生産はまったく手入れがかからないからだそうだ。種まきと収穫だけらしい。その代わり蕎麦はアレルギーが強いので一度蕎麦畑にしてしまうと土を作り直さないともう他の作物は作れないそうで誰もそんな面倒はしない。恐ろしや蕎麦の魔力。まあ私は遠慮なくこれからも蕎麦を楽しむとしましょ」(さ)

緊急事態宣言とまん延防止等重点措置が解除され、10月にはクラスター発生源になりやすいとして1年半近くもコロナショックが続いていた飲食業界に、ようやく客足が戻りつつあるように見えました。しかし油断できないVOC変異株が次々と生まれていることから、この冬に第6波が襲来することは確実視されており、コロナ禍の長期化は誰もが認めざるを得ないでしょう。もはや飲食店の経営環境がコロナ前に戻ることがないのです。感染不安による外食離れは特にテーブルサービスの店に厳しい現実を突きつけており、 「お客様に食事を提供する」店舗ビジネスとして作り慣れた料理に固執するのではなく、「お客様と食事を結びつける」ソリューションビジネスへの脱皮が求められています。ハイタッチ(人的接点)であるイートインは数ある販路のひとつにすぎなくなり、ロータッチ(場所接点)である店舗販売とテックタッチ(オンライン接点)であるネット通販というレバレッジ力の異なる顧客接点の組み合わせを最適化した飲食店の仕組みを考えるべきなので、私は地ビール醸造所レストラン(パブ・ブルワリー)が苦労して築いてきたビジネスモデルが参考になると思っています。小規模醸造でビール造りが先にあるために、併設レストランはパイロットショップの意味合いが強くなります。地ビール解禁と2G通信のインターネット第一世代が重なった幸運もあったと思いますが、多くのブルワリーが生まれたばかりのインターネットに販路を求めました。そして、知名度をあげるためにイベント出展機会を活用し、観光施設内の小売店や近隣の飲食店に少しづつ委託販売をお願いしてきています。なかには最寄り鉄道駅での土産販売から短距離での車中販売に駒を進め、首都圏ターミナルの駅構内店舗で常設販売するに至ったところもありました。飲食店は客待ちの商売なので、お客様に営業をかける攻めの商売が苦手です。細川政権の規制緩和で誕生し、攻め重視でブランドを確立してきたクラフトビール業界のやり方には、コロナ経済を生き抜くために飲食店の学べる点が多いはずです。
いしわたかおる

 

厳選地ビール330ml(原則6本)月々3,600円

ビールの銘柄により内容本数や常温/チルドの発送方法に変更がある場合がございます。
離島・山間部など配達に時間のかかる地域へのお届けの場合、別途離島料金が発生する場合がございます。

できたてすぐを一番蔵出しのチルドで毎月お届け

ご入会案内

新着の地ビール

DHCビール

静岡県からお届け:2021年11月

ただいま選定中です♪

決まり次第お知らせいたします♪

からお届け:2021年12月

ただいま選定中です♪

決まり次第お知らせいたします♪

からお届け:2022年1月