会員レター第174号

発行:2021年4月

ビアフェスタ会員の皆様へ

 

春暖の候、会員の皆様におかれましては、いかがお過ごしでしょうか。
いつもビアフェスタをご利用いただきまして誠にありがとうございます。運営者一同、心よりお礼申し上げます。

4月のビールは島根県より松江ビアへるんビールをお届けいたします♪

島根県といえば、ヤマタノオロチを退治したスサノオノミコトの神話をはじめ、神々の国としても有名ですね。
一度は耳にしたことがあるのではないしょうか。
出雲大社に行くと、神話に登場するものたちの像がたくさん並んでおり、感慨深い気持ちになります。

縁結びで有名な出雲大社ですが、そこから少し足を伸ばした場所にある玉造温泉には、玉作湯神社の鳥居を入れて写真を撮ると願いが叶うという真っ赤な宮橋(通称:恋叶橋)や、願い石がある「玉作湯神社」、恋来井戸など、女子旅に嬉しいスポットがたくさん♪
また、玉造温泉は「美肌の湯」としても有名で、美肌効果のある温泉の源泉を持ち帰ることができたり、近年では温泉成分の入ったコスメも人気です。

また、松江が「水の都」と呼ばれているのは、湖としては国内5番目の大きさの中海(なかうみ)、7番目の大きさの宍道湖(しんじこ)に挟まれ、2つの湖を結ぶ大橋川が街の中心を流れ、国宝・松江城の堀から広がる水路「松江堀川(通称:堀川)」が縦横に走っているためです。
宍道湖はしじみも有名ですね。宍道湖の夕日は絶景で、観光客もたくさん訪れている人気のスポットです。

神々の国として今でも神話を大切にしともに生活しているうような街「松江」から、松江を愛し、島根を愛するブルワリーが造る新しいビールをお楽しみに♪

 

さてここで当ファン倶楽部’ビアフェスタ’のご紹介をさせてください。
ビアフェスタは毎月一度、ファン投票をもとに選ばれた地ビールを

(1)計画生産ゆえにできたて一番蔵出しを
(2)計画配送で美味しいチルド配送によって
(3)管理費用の低減で実現した割安料金で

味わうためのメンバーズ倶楽部です。

世界中の料理文化が繚乱と花咲いている日本で、いつも‘とりあえずのビール’では寂しくありませんか?
グラスでまったり味わう地ビールで、過ぎし日の一週間をゆっくりと振り返る、もしくはこれからの楽しい一週間に思いをはせる・・・なんてとっても素敵だと思いませんか?

サポートスタッフ一同頑張りますので是非応援してください。
日本のビール文化をさらに充実させていきましょう。
こんな時だからこそ、ご自宅での時間をちょっと贅沢な素敵な時間にできるよう、お手伝いをさせてください。
どうかこれからも末長いお付き合いをいただけますよう、よろしくお願い申しあげます。

地ビールファン倶楽部 ビアフェスタスタッフ 一同より。

 

 

 

編集後記

 

「2011年3月11日を思い出して。当日あの時刻、私は地下鉄に乗っていて、青森の大学で卒業式を迎える息子に会いに行った家内にメールを送っていた最中でした。確か「卒業式はどんな雰囲気ですか?長男は嬉しそうですか?」といった内容でした。そして急ブレーキがかかって今までに経験したことのない揺れと、その後の車内放送で大きな地震の事実を知りました。後は青森での家内と息子の無事を祈るばかりで、それが確認できたのは翌朝の3時に自宅に着いて電話を受けて安堵した次第です。あれから10年、日々の慌ただしさに思い出すこともなく生きてきましたがそろそろよく言われる『忘れた頃』なのかもしれませんね。『我々が歴史から学ぶことは、人間は決して歴史から学ばないということだ。』は真理のようであります。」(さ)

 

暖かい日が続いたので早い桜の開花宣言になりました。今年もコロナ禍が収束できない中での花見になりましたが、桜といえば秋田のさくら酵母ビールが思い出されます。秋田県には、おはよう納豆本舗の発酵研究所で働いていた研究員チームが独立起業した湖畔の杜ビールさんがあるためでしょうか、「輸入原料を使わずに、地元秋田のものにこだわった地ビールをつくろう」との声で集まり発足した秋田県麦酒醸造技術研究会が野生酵母の研究に熱心であり、県内で集めた樹液や土壌などから酵母を分離して、おもしろいビールを生み出して来ています。一番最初のビールは研究開始から半年後にブナの木樹液から発見された天然酵母を使ったぶなの森ビールで、使用されているビール酵母は1000種類以上の酵母の中から発見され、796番目に見つけられた酵母だったことから796(ナナキュウロク)酵母と名づけられました。796酵母が発見された後も天然酵母の研究は続けられていて、売れ筋なのはさくら酵母ビールでしょう。能代市の桜名所、きみまち阪の桜から採取された秋田美桜酵母を使用したビールで、大麦モルトタイプと小麦モルトタイプが醸造されています。その影響かなと思うのですが、お隣の岩手県でもいわて蔵さんが一関市産の干し柿から採取した天然酵母を使ったビールを生み出しています。鳥取県には野生酵母にこだわって醸造されたクラフトビールがあります。智頭町のタルマーリーさんで、ここは東京出身のご夫婦が保育園を改装したブルワリーにて、ベルギービールの土着菌製法で醸造した野生酵母ビールと、小麦+塩+水だけのシンプルな材料を使い野生種を自家培養したイースト菌で発酵させたパンをつくっています。併設のカフェで食べさせてもらえるとのことなので、SDGsが求めるこれからの調和世界を考えるためにも、一度は訪れてみたいと考えているブルワリーです。いしわたかおる

 

先日、40度以上の発熱をし、3か月ぶり2回目のPCR検査を受けました。民間の数千円のものではなく、病院でものです。やはり数千円ではありましたが。1回目の時は近所のクリニックに行って、数日様子を見て熱が下がらず、そこから大病院に紹介されて朝イチに行って待ち時間も含めたら2時間くらい滞在して、結果が出るのに1週間近くかかりました。ところが2回目は近所のクリニックに行ってその場で実施され、翌々日に結果が出ました。2回とも幸い陰性ではありましたが、仕組みが着実に進歩してることを実感してしまいました。そのな中でも、ビールの美味しさというのは変わらないものですよね♪病は気からですので、ほどほどのお酒で健康を維持しましょう♪(D)

厳選地ビール330ml(原則6本)月々3,600円

ビールの銘柄により内容本数や常温/チルドの発送方法に変更がある場合がございます。
離島・山間部など配達に時間のかかる地域へのお届けの場合、別途離島料金が発生する場合がございます。

できたてすぐを一番蔵出しのチルドで毎月お届け

ご入会案内

新着の地ビール

道後ビール

愛媛県からお届け:2021年12月

ただいま選定中です♪

決まり次第お知らせいたします♪

からお届け:2022年1月

ただいま選定中です♪

決まり次第お知らせいたします♪

からお届け:2022年2月