会員レター第170号

発行:2020年12月

ビアフェスタ会員の皆様へ

 

寒冷の候、会員の皆様におかれましては、いかがお過ごしでしょうか。
いつもビアフェスタをご利用いただきまして誠にありがとうございます。運営者一同、心よりお礼申し上げます。

12月は神奈川県よりサンクトガーレンをお届けいたします。
醸造所のある神奈川県厚木市は、自然を堪能できるハイキングコースがたくさんあり、その中の1つ、白山巡礼峠ハイキングコースは、古くからの信仰の為に開かれた巡礼峠と坂東33番札所巡礼の第6札所である飯山観音を結んだコース。
白山展望台からは丹沢大山山塊が目の前に迫り、快晴時には相模湾、東京方面まで見渡せます。
また、大釜弁財天付近にある巨大な1枚岩「滑岩」は、ロッククライマーには格好の練習場となっていて、遠方からも訪れる方も数多くいるそうです。
一度は目にしてみたい迫力の岩です。

また、あつぎ鮎まつり花火大会は、かながわの祭り50選に選ばれている県内最大級のイベントとなっているそうですよ♪

「県立自然環境保全センター」や「神奈川県総合防災センター」などもあり、ケガや病気の動物を保護する鳥獣保護棟や、災害のしくみや対処法などを楽しみながら体験して知ることができるスポットも。「厚木市郷土資料館」では厚木市内の遺跡から出土した土器なども展示されているので、普段なかなか触れることのできない遺物にも触れることができます。

実は温泉も数多く存在し、大自然あり、癒しあり、楽しみながら知識も得ることができるスポットありと、厚木の魅力は盛りだくさん。
そんな厚木市から、「もしかしたらそのビールを手に取る人は自分のビールを初めて飲む人かもしれない。だから常に最高のビールを・・・」という思いで造られているビールをお楽しみに♪

 

さてここで当ファン倶楽部’ビアフェスタ’のご紹介をさせてください。
ビアフェスタは毎月一度、ファン投票をもとに選ばれた地ビールを

(1)計画生産ゆえにできたて一番蔵出しを
(2)計画配送で美味しいチルド配送によって
(3)管理費用の低減で実現した割安料金で

味わうためのメンバーズ倶楽部です。

世界中の料理文化が繚乱と花咲いている日本で、いつも‘とりあえずのビール’では寂しくありませんか?
グラスでまったり味わう地ビールで、過ぎし日の一週間をゆっくりと振り返る、もしくはこれからの楽しい一週間に思いをはせる・・・なんてとっても素敵だと思いませんか?

サポートスタッフ一同頑張りますので是非応援してください。
日本のビール文化をさらに充実させていきましょう。
こんな時だからこそ、ご自宅での時間をちょっと贅沢な素敵な時間にできるよう、お手伝いをさせてください。
どうかこれからも末長いお付き合いをいただけますよう、よろしくお願い申しあげます。

地ビールファン倶楽部 ビアフェスタスタッフ 一同より。

 

編集後記

 

「はじめてふるさと納税で地域の特産品の購入をやってみました。これまでは面倒で商品券に変えていたのですがそれもなくなり、家内がこのコロナ禍でネット利用のノウハウを急激に高めたので彼女に好きな物を購入してもらいました。還元率(寄付した金額に対して何%くらいの商品が買えるか)が高い商品のほうが当然良いわけで、彼女曰く旅行や電化製品は20%もないけど肉、野菜、海産物(蟹や鰻等)は100%近い価格のものもある。全部それぞれの商品をネットで個別に調べてどれが割安かをメモにして見せてくれました。私個人的には食材を貰える嬉しさより家内のITレベルの急上昇で物の価値自体を調べる、つまりは節約につながるその過程が今回の大きな恩恵だと思えた次第です。地ビールもありラーメンもありおせち料理も送られてくるそうです楽しみです」(さ)

 

とうとうノエルの時期ですね。今年のクリスマスはどんな感じになるんだろう。12月になると特に売り場で目につくようになる輸入ビールは、ラベルにキリスト教の聖人を描いたものが多いのですが、これは中世ヨーロッパのキリスト教修道院で、内輪で飲むためのビールをつくっていたのと関係があります。内輪で飲んでいたクラフトビールも、教会として信者を増やすために利用するようになり、さらに収入源にもと考えたところからブランディングが始まります。修道院は、それぞれが、お気に入りの守護聖人をビールブランドにしていきました。ビールに守護聖人として初めて登場したのは聖コルンバという伝道修道士だそうです。「主は主の名にかけてエールを飲む人だけを祝福するのです」という言葉を残して有名になりました。そこからビールに最もふさわしい聖人として認知されたようです。最高位にある聖人として、世界的に認められているのは聖ハドリアヌスでしょう。9月8日は聖ハドリアヌスの日とされており、ビールを飲んで祝う習慣がヨーロッパを中心にあります。聖ヒルデガルデはホップの開拓者として扱われています。彼女はルペルツベルグの尼僧院長でしたが、「ビールにホップを入れると腐敗が抑制され長持ちする」という記述のあるハーブの本を書き残しました。この本がホップを使ったビール・レシピを書いた最古の書物になるためビールの守護者になっています。ホップ栽培の守護聖人で有名なのは聖アーノルドでしょう。伝説によれば民衆に水を飲まずにビールを飲むように説いてペストの流行を止めたとされています。ビール醸造家の守護聖人として人気があるのは聖アルノーです。彼は飲み干しても飲み干してもマグから湧き出るビールの伝説で有名な人です。ビールラベルもひとつひとつ、その背景を丁寧に見ていくと楽しいものですよ。いしわたかおる

 

先日、以前の勤務先で販売スタッフとしてアルバイトで働いてくれていた大学生と偶然再会して話す機会がありました。そりゃあ歳の差もありますので聞く話は新鮮ですが、なんと言っても驚いたのは、ウーバーイーツを頻繁に利用しているということでした。一方で、現在のアルバイトは時給1200円なので、私のいた会社で支給していた1300円の頃の旨味の違いも力説していました。そりゃあもらえる単価は高い方が良いけど、お金が出る方を抑えることを考えて、大して忙しくもないのだから買いに行って送料を節約したらいいのでは?と話すと、「え、でも便利じゃないですか」と一言。コロナ禍が再び話題になり始め、巣ごもり需要が再び高まっていくように感じます。ウーバーイーツや出前館がぐっと伸びていきましたが、送料に対してお金を払う習慣が若年層にまで根付いてきたことに世の中の変化を感じます。実は我らがビアフェスタは、物流会社に払う送料は下がることなく上がり続けている一方で、会員様にお支払いいただく会費は値上げを最小限にして歯を食いしばっております。時代の変化に感謝しつつ送料を別枠にするのか、そのまま我慢するのか……。はい、今のところ我慢しています。そんなビアフェスタを是非友人知人にもご紹介ください♪(D)

 

 

厳選地ビール330ml(原則6本)月々3,600円

ビールの銘柄により内容本数や常温/チルドの発送方法に変更がある場合がございます。
離島・山間部など配達に時間のかかる地域へのお届けの場合、別途離島料金が発生する場合がございます。

できたてすぐを一番蔵出しのチルドで毎月お届け

ご入会案内

新着の地ビール

DHCビール

静岡県からお届け:2021年11月

ただいま選定中です♪

決まり次第お知らせいたします♪

からお届け:2021年12月

ただいま選定中です♪

決まり次第お知らせいたします♪

からお届け:2022年1月