会員レター第120号

発行:2016年10月

ビアフェスタ会員の皆様へ

澄みきった青空が秋を感じるこの頃、そちらの紅葉はいかがですか?
さて、今月は三重県から火の谷ビールをお届けします。

1280px-Ise-Yachi_stn

火の谷ビールの産地は、三重県は美杉町八知。写真の通り、名松線、伊勢八知駅は風情あふれる佇まいとなっております。地ビールづくりに欠かせない水はというと、三重県を流れる一級水系の本流「出雲川」の上流に位置し、高所三、大洞山、尼ヶ岳と、源流も豊富な立地となっているようです。

さて、ここでビアフェスタのご紹介をさせてください。ビアフェスタは毎月一度、ファン投票をもとに選ばれた地ビールを、
(1)計画生産ゆえにできたて一番蔵出しを
(2)計画配送で美味しいチルド配送によって
(3)管理費用の低減で実現した割安料金で
味わうためのメンバーズ倶楽部です。世界中の料理文化が繚乱と花咲いている日本で、いつも‘とりあえずのビール’ではさびしくありませんか?に飲むビールではなくて、グラスでまったり味わう地ビールで、過ぎし日の一週間をゆっくりと振り返る、若しくはこれからの楽しい一週間に思いをはせる、なんてとっても素敵だと思いません?サポートスタッフ一同頑張りますので是非応援してください。日本のビール文化をさらに充実させていきましょう。どうかこれからも長いお付き合いをいただけますよう宜しくお願い申しあげます。

地ビールファン倶楽部 ‘ビアフェスタ’ 一同より。
平成28 年10月吉日

火の谷ビールについて

美しき国・三重の大自然豊かな美杉町において、火の谷の湧き水から造られた、こだわり原料の最高級ビールたちです。
火の谷とはその土地の名。昔、美杉町で一番高い大洞山が噴火し、あたり一帯が火の海となり、もえさかる様が「火の谷」に見えたことから、その名がついたそう。美杉町は大自然にめぐまれたところ。大阪や伊勢湾へ流れる川の源流を有する水源の待ちとしても知られる。ここ火の谷より上は誰も住んでいない。ビール造りには水源から湧く山の水をそのままに使用する。作るビールは個性的且つ独創的。のどごしメインのビールとは一線を画す、コク、味わい、香り、すべてにこだわった、バラエティ豊なビール造りを目指しています。

1610-03

びわこいいみちビールよりお届けするビール

1610-06

NINJA BEER 伊賀流忍者麦酒

飲んだら消える!?NINJAなやつ。
伊賀の酒米「うこん錦」と古代米「伊賀黒米」を一部に使用。忍者カラーを意識したダークラガー。黒米を使用することで煙幕のようなほんのり濁りを演出。味はお米を使用することで軽やか&ライトな忍者の素早さを表現。デザインは外国人にもCOOLとおもってもらえるようなものを目指しました。
これらのストーリー性、味、デザインが認められ、三重県が選ぶ一品「みえセレクション」に選定され、国際ビール品評会入賞。開発2年にも関わらず、多くの実績を出しています。

1610-07

HINOTANI LAGER 火の谷ラガー

何杯でも飲みたくなる、プレミアムラガービール
火の谷という生会えを背負うシグニチャービール「火の谷ラガー」。地元美杉町の有機栽培のお米を原料の一部に使用。お米を使用することで、すっきりとした飲み口を演出。香りづけには、ドイツ産のホップを使用。コク、キレ、香り、三拍子そろった、プレミアムラガービールです。いかなる料理とも合います。映画「WOOD JOB!~神去なあなあ日常~」を記念したラベル。

1610-08

SteamBeer スチームビール

ラガーなのにエールのような味わいが病みつきに。
スチームビール。またの名をカリフォルニア顧問ビール。通常8-10度の低音で発行させるラガービールを、あえてえーるなみの18-20度の高温で発行させたビール。ラガー特有のコクと麦香がありながらもエールのようなy華やかな香りと味わいも兼ね備えた魔法のようなビール。アメリカのアンカースチームにインスパイアされました。

来月のビールのご紹介

風流な建物が多く越中の小京都とも呼ばれる、北陸は富山県の南に位置する地域から。城端麦酒をお届けします。

編集後記

10月初めタイのプミポン国王がお亡くなりになりました。学生時代からこれまで何度もこの国を訪れておりとても個人的に親しみを感じている国のひとつです。当時から毎日決まった時間に国歌がながれ、国王のために動きをやめじっと立ち止まりる時間がありました。誰もがその瞬間にはあらゆる行為を留めて敬意を払うのです。一昔前は誰もがそうしておりました。
ビアフェスタ会員の皆様へ。いつも会員としてビアフェスタを支えて下さいまして誠に有難うございます。既に先日もご案内のメールを送らせていただきましたが改めて来年度の地ビールのリクエストについてお知らせいたします。このビアフェスタもお陰様で2006年の8月にスタートしてから10年が経過し、11年年目に入っております。これまで2011年の東日本大震災後の4月を除きまして毎月会員の皆様に様々な地ビールをご提供し喜んでいただけたのではないかと思っております。https://www.beerfesta.com/
さてそのような中で『祝10周年』を記念しまして、来年2017年は通期に亘りこれまで販売させていただきました醸造元様から皆様のリクエストのある銘柄を再度ご提供することにいたしました。つきましては会員の皆様にもう一度飲みたいビールのリクエストを頂きたくここにお願いする次第です。ちなみにこれまでお取引させていただきました醸造元様は以下の通りです。ただし、5%くらいの醸造元様が既に製造を取りやめていらっしゃったり、最近取り扱った醸造元様は運営者のほうで今回入れておりませんことをご了承いただきたくお願い申し上げます。

上馬ビール/天神蔵ビール/ハーベストムーン/志賀高原ビール/タッチダウンビール/オホーツクビール/AQULAビール/飛騨高山ビール/いわて蔵ビール/カナディアンブリュワリー/さぬきビール/おたるワイナリー/ベアレンビール/箕面ビール/出雲路ビール/田沢湖ビール/萩ビール/ひでじビール/伊勢角屋麦酒/南信州ビール/杉能舎ビール/よなよなビール/多摩ビール/遠野麦酒ZUMONA/大島地ビール/サンクトガーレン/京都地ビール/マルール・キンキ/金ちゃちビール/三次ベッケンビール/大山Gビール/エチゴビール/梅錦ビール/ろまんちっく村のビール/風の谷のビール/熊本クラフトビール/ロコビア/タッチダウンビール/小江戸ビール/いきいき地ビール/常陸野地ビール/独歩ビール/みちのく福島路ビール/オラホビール/オゼノユキドケ/松江地ビールビアへるん/志賀高原ビール/山口地ビール/田沢湖湖畔の杜ビール/スワンレイクビール/呉ビール(海軍さんの麦酒)/松島ビール/びわこいいみちビール/大沼ビール/道後ビール/越前福井ビール/福田農場ワイナリー/プレストンエールブルワリー/厚木ビール/薩摩ビール/作州津山ビール/八海山 泉ヴィレッジ/こぶし花ビール/のぼりべつ地ビール/胎内高原ビール園/那須高原ビール/近江ブルーメンビアー/諏訪浪漫ビール/島根ビール/旭川大山地ビール/城崎ビール/赤城高原ビール/城端麦酒/ナギサビール/湘南ビール/やくらいビール/白山わくわくビール/香川ブルワリー/薄野地ビール/犬山ローレライビール/箕面ビール/猪苗代地ビール/田沢湖ビール/妙高高原ビール/大山ブルワリー/いわて蔵ビール/横浜ビール/曽爾高原ビール/ニイガタビール/熊本クラフトビール/松島ビール/網走ビール/六甲ビール

どうかこれからもビアフェスタを宜しくお願い申し上げます。
心から感謝を込めて。」(さ)
またどのお店や家庭にも国王の写真があり国民にとても人気がありました。当時ヒッピーがよく集まった安宿街で煙草に火をつけた瞬間に歌と黙とうの時間がありすぐ消したこともありました。あるいはゴルフ場でクラブを振り上げた時にもあり、そのまま打ったところ、ペナルティです、と言われたこともありました。田舎のバーで注がれたビールをまさに口に運んだ瞬間に律儀にもじっと静止をしたこともありました。数分ですが国王の写真と泡を交互に見ていたことを思い出します。今は観光客も多くなり動きを留めることはしなくなったようです。
今は国全体で黙とうをささげています。私も今月はビールを飲む前に、天使の都の意味を持つクルンテープ(バンコク)での雑踏と静かに流れる国歌、国王の写真を思い出しながらあらためて黙とうをささげようと思っています(か)
10月に入って、やたらとエールの広告を見るなと思ったら、サントリーさん「香るエール」と日清フーズさん「青の洞窟」のコラボ広告でした。香るエールは今年3月に“日本におけるエール市場の創造”を掲げて発売された上面発酵ビールです。エールの語源はオールドイングリッシュのアール(Alu)、ビールの歴史上もっとも古くからある種類です。1542年にアンドリュー・ボーアドが書いたDytaryという本で初めてエールとビールの違いが紹介されたのですが、それによると「水と麦芽からつくるのがエール、水と麦芽とホップからつくられるのがビール」ということになります。今日ではエールもビールとされ、酵母の違いからエールビールとラガービールに区別されます。エール酵母は群体をつくるので表面張力によって浮かび上がり表面に厚い泡の層をつくります。それゆえエールを上面発酵ビールと呼びます。ラガー酵母は発酵速度が遅いので群体がまとまらず、小さいままでタンクの底に沈むので、ラガーを下面発酵ビールと呼びます。なおエールの方がエステルや副産物が生成されやすいので個性が生まれやすく、香るエールはそこから生まれたネーミングでしょう(わ

厳選地ビール330ml(原則6本)月々3,600円

ビールの銘柄により内容本数や常温/チルドの発送方法に変更がある場合がございます。
離島・山間部など配達に時間のかかる地域へのお届けの場合、別途離島料金が発生する場合がございます。

できたてすぐを一番蔵出しのチルドで毎月お届け

ご入会案内

新着の地ビール

DHCビール

静岡県からお届け:2021年11月

ただいま選定中です♪

決まり次第お知らせいたします♪

からお届け:2021年12月

ただいま選定中です♪

決まり次第お知らせいたします♪

からお届け:2022年1月