Malheur-ランツヘール醸造所

2008年12月にからお届け

収穫祝いの期間限定ゆえ、めったにお目にかかれない希少性の高いビール

12月のクリスマスシーズンということもあり、ビアフェスタで初めてベルギーの地ビールを扱います。750mlフルボディの珍しいビールです。

収穫祝いの期間限定ゆえ、めったにお目にかかれない希少性の高いビールです。焦がしたモルトをたっぷり使い生まれた独特の甘みとベルギービール特有の酸味が一体となった複雑で濃厚な味わいは、ワインの様に木樽で熟させることで醸し出されます。
口当たりはあくまでもふんわり柔らか、舌にのせればビロードのような滑らかさで、フルボディの味わいが広がります。しかも、心地よい苦みが余韻に残る後味の大変よいビールに仕上がっています。特徴的なのは、特に時間の経過とともに温度で変化する様々表情を楽しむことができるということ。
ダーク・ブリュットの持つ華やかさは人を魅了して止みません。アルコール分も約12度あり、じっくり時間をかけて大切な時間を楽しむための大人のビールで、ベルギーチョコなどビターなチョコとの相性が抜群です。

アルコール度数:12%
特徴
マルールが誇るシャンペンビールの濃色辛口タイプで、9月と10月だけに仕込まれるシーズナルエールです。

マルールという名前の由来
Malheurとはオランダ語で「不幸な時」(bad timing)という意味。ただし結果オーライ的な、ポジティブなアクシデントの意味があります。ランツヘール醸造所では、毎年ベルギー国内で喜劇的な結末につながる大失敗をした人にマルール賞という賞を授与しています。

マルールの醸造所の紹介

ランツヘール醸造所
Brouwerij De Landtsheer
住所:Mandekensstraat 179, 9255 Buggenhout

この醸造所の歴史は現在のオーナー、エマニュエル・ド・ランツヘール氏から4代前の先祖にさかのぼります。当時は醸造だけでなく大麦やホップも栽培していましたが、第二次世界大戦前に閉鎖してしまいました。しかし一族は1970年代までホップを育て続けていました。当時まだ10代だったランツヘール氏は、成長したらいつか醸造所を再開させようと考えていました。それは1991年に彼の父親がなくなったのをきっかけに実現を決心する事になりました。ということで1997年に設立されたまだ新しい醸造所です。
初めはたった1種類のゴールデンエールの醸造からスタートしました。モルトもホップもブレンドにこだわった祖父に習って、ホップはペレット(固形)は使わないということです。酵母は近くにあるアフリゲム醸造所のものを譲り受けています。

Malheur-ランツヘール醸造所よりお届けするビール

厳選地ビール330ml(原則6本)月々3,600円

ビールの銘柄により内容本数や常温/チルドの発送方法に変更がある場合がございます。
離島・山間部など配達に時間のかかる地域へのお届けの場合、別途離島料金が発生する場合がございます。

できたてすぐを一番蔵出しのチルドで毎月お届け

ご入会案内

新着の地ビール

道後ビール

愛媛県からお届け:2021年12月

ただいま選定中です♪

決まり次第お知らせいたします♪

からお届け:2022年1月

ただいま選定中です♪

決まり次第お知らせいたします♪

からお届け:2022年2月