南信州ビール

2008年4月に長野県からお届け

過去に出品した商品は全て金、銀のいずれかを受賞

南信州ビール3種類の6本セットです。

特徴・こだわり
南信州ビール㈱駒ケ岳醸造所は1996年長野県第1号の地ビールメーカーとして中央アルプス山麓標高約800mに産声を上げました。信州の澄んだ空気と野生のホップが自生する自然豊かな環境で造られるビールは、地下120mから汲み上げる中央アルプスの伏流水(超軟水)と厳選された原料、複数の異なる酵母が醸し出す特有のエール香によってオリジナリティーの高い商品になっております。私達はビールを醸造する上で、「コク」「キレ」「苦味」「アルコール」「香り」など様々な要素のバランスを意識しています。バランス重視したビールに仕上げる事で自らが納得できる唯一の商品を提供し続け、日々努力しています。又、独自の生産管理体制と生産技術で年間12種類のビールと1種類のビアテイスト飲料を製造しており、国内唯一SAで販売もされております。
南信州ビールは殆どの商品がオリジナルレシピです。色々な事情で、なかなかコンペに出品できないのですが、過去に出品した商品は全て金、銀のいずれかを受賞しています。JBA2003ではアンバーエールが最高得点金賞受賞。実は南信州ビールは営業担当がいません。皆様ファンの方に支えられて営業開始12年目を迎えます。今後も南信州ビールファンの期待に副えるよう変えてはならないものを守りつつ進化し続けます。

造り手の紹介
竹平考輝 1964年生まれ。生まれも育ちも生粋の信州人。32歳の時に地元大手企業から南信州ビール㈱直営レストランのアルバイトに転職後、アメリカ製醸造設備の修理や、オリジナル瓶充填機を開発する事によって正社員へ昇格。当時の醸造指導技師からの教授と独学で醸造を学ぶ。

醸造しているその他のビール

デュンケルヴァイツェン
オリジナルヴァイツェン。スタンダードレシピのデュンケルヴァイツェンを自社オリジナルにアレンジしたタイプ。小麦麦芽を使用した黒ビールで、芳醇なバナナ香が特徴。品温を10℃位に暖めて飲むと香りが更に豊かになり、ワインを飲んでいるよう。お好みでバニラやシナモンなどのスパイスを振っても相性抜群。飲み頃温度:夏5~7℃,冬8~10℃,アルコール度数6%,無濾過

気の里ビール
南アルプスの麓に位置する「長谷(はせ)」にある「ゼロ磁場」の天然水で仕込んだオリジナルビール。ゼロ磁場には「気」が集まると言われ、瞑想する観光客が多い場所。基本レシピはゴールデンエールと一緒だが、明らかに異なる味の淡色系ビール。飲み頃温度:夏4~6℃,冬6~8℃,アルコール度数4.5%,無濾過

駒ケ岳エール
自社オリジナルビール。ゴールデンエールのストロングバージョンで濃厚で香りも豊かな淡色系ビール。口当たりが良くビール本来の麦芽風味も楽しめる。ジャパンビアグランプリ 2003にて銀賞受賞。5月~6月の季節限定ビールです。飲み頃温度5℃~7℃,アルコール度数7%,無濾過

アルプスヴァイツェン
自社オリジナルヴァイツェンビール。スタンダードレシピのヘフェヴァイツェンをアレンジした淡色系タイプ。小麦麦芽特有の爽やかな酸味ときめ細かくクリーミーな泡立ちが特徴。レモンとの相性が良く、お好みでレモンを絞って飲むと爽やかさが増します。7月~8月の季節限定ビールです。飲み頃温度:4~6℃,アルコール度数5%,無濾過

オクトーバーフェスト
スタンダードレシピのオクトーバーフェストは下面醗酵ビールですが、当社はエールで製造しています。4種類の麦芽を贅沢に使用し、ホップの苦味を抑えている為、甘いモルト風味が楽しめる中濃色ビール。9月~10月の季節限定ビールです。飲み頃温度:5~7℃,アルコール度数,6%,濾過

クリスマスエール
全種の中で一番アルコール度数の高いビール。モルトとホップを贅沢に使用し、「つまみ」がいらない主役のビール。アルコール度数が高い為、冷暗所で熟成させると更に芳醇さが増す中濃色エール。11月~12月の季節限定ビール。飲み頃温度:8~12℃,アルコール度数7.5%,無濾過

ポーター
イギリス発祥の代表的なエール系黒ビール。ホップの効いた芳醇な香りとブラックモルトの香ばしい苦味が特徴。濾過をしてあり、濃厚であるが、後味がすっきりしている。1月~2月の季節限定ビール。飲み頃温度:6~8℃,アルコール度数6%,濾過

Twin Alps(ハーブ入りビアテイスト飲料)
原料は麦芽・ホップ・ハーブ(レモングラス)を使用し、製造したビアテイスト飲料です。原料は味わい深いミュンヘン麦芽、やわらかな泡が楽しめる小麦麦芽をブレンドし、ハーブは、天然のレモングラスを乾燥させたものを使用している為、やさしく、すっきりとした爽やかな口当たりに仕上がっています。また、独自製法でアルコール度数は0.1%未満に抑えています。

駒ケ岳醸造所のご紹介
駒ケ岳醸造所に併設して売店があります。売店では330ml瓶の各種販売、醸造所限定の1ℓ瓶の販売を行っています。また、お土産も販売しており、ビールにあうつまみや信州ならではの物を販売しています。

工場見学
マルスウイスキーの本坊酒造㈱信州工場内に隣接している為,ウイスキー工場の見学も兼ねています。

営業時間
9:00~16:00 常時受付(年末年始を除く年中無休)
見学時間
約40分
直営レストラン味わい工房
南信州ビール㈱直営のレストラン味わい工房では、定番の4種理のビールと地元の新鮮な食材を使用して四季折々の季節料理が楽しめる洋食メインのビアレストランです。やわらかビール煮や信州味噌ピザ、駒ヶ根名物のソースカツ丼、その他にも様々なメニューをご用意いています。ビールと洋食メインのビアレストランです。

レストラン営業時間
ランチタイム
11:00~14:30(LO/14:30)
ドリンクタイム
14:30~16:00(LO/15:45)飲み物とカンタンなおつまみ
ディナータイム
17:00~21:00(LO/20:00)
定休日
木曜日(夏期は無休)(平日月曜日はランチタイムの営業のみ)
周辺のご案内
レストラン「味わい工房」1Fには、JA上伊那直営の農産物・特産物・お土産コーナーがございます。
併設されている「すずらんハウス」では、牛乳・ソフトクリーム・ソーセージ・パンの工場見学と販売を行っております。
駒ケ岳ロープウェイ(しらび平ロープウェイ乗り場までバスで約40分)
光前寺(味わい工房より徒歩で約15分)
駒ヶ根高原美術館(味わい工房より徒歩で約15分)
駒ヶ根高原スキー場
アクセス
中央自動車道 駒ヶ根ICより「味わい工房」まで約2km。料金所を出て右折後直進。右手駒ヶ根ファームス2Fにあります。駒ケ岳醸造所は「味わい工房」より車で約3分 JR駒ヶ根駅より「味わい工房」までバスで約15分(16:00頃まで) タクシーで約10分。

南信州ビールよりお届けするビール

ゴールデンエール

アメリカンスタイルゴールデンエール。華やかな香りとすっきりした口当たりが特徴。香りはマスカットを思わせるような柑橘系。濾過をしてあるので、クリアーな黄金色。飲み頃温度:夏4~6℃,冬6~8℃アルコール度数:5%,濾過

アンバーエール

アメリカンスタイルアンバーエール。琥珀色で力強い味わいが特徴。2003年のジャパンビアグランプリで143銘柄中、最高得点で金賞受賞の実績あり。飲み頃温度:夏4~6℃,冬6~8℃ アルコール度数:5.5%,無濾過

インディアペールエール

インディアペールエール(IPA)。ホップ使用量が通常の4倍である為、南信州ビールシリーズの中では一番苦味の効いた中濃色ビール。ボディーが強いので苦味が突出せずバランスが良い。ビール通に好まれる味で人気も高い。飲み頃温度:6~8℃,アルコール度数6%,無濾過

厳選地ビール330ml(原則6本)月々3,600円

ビールの銘柄により内容本数や常温/チルドの発送方法に変更がある場合がございます。
離島・山間部など配達に時間のかかる地域へのお届けの場合、別途離島料金が発生する場合がございます。

できたてすぐを一番蔵出しのチルドで毎月お届け

ご入会案内

新着の地ビール

道後ビール

愛媛県からお届け:2021年12月

ただいま選定中です♪

決まり次第お知らせいたします♪

からお届け:2022年1月

ただいま選定中です♪

決まり次第お知らせいたします♪

からお届け:2022年2月