会員レター第137号

発行:2018年3月

ビアフェスタ会員の皆さまへ


梅のつぼみもほころび始め、やっと少しずつ春の足音が近づいてきておりますが、会員の皆さまにおかれましては、いかがお過ごしでしょうか。
いつもビアフェスタをご利用くださいまして誠にありがとうございます。運営者一同心からお礼申し上げます。

さて、3月は伊豆修善寺の「ベアードビール」よりお届け致します!
伊豆の修善寺といえば温泉を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。
中伊豆エリアでも修善寺温泉は1200年と最も歴史が古く、文化人にも愛され日本百名湯にも選ばれている温泉で旅行先としても人気の街ですね!すぐ旅館へ向かわれる方や、少し街を散策されてからゆっくり宿へ・・・という方など様々な楽しみ方があるかと思いますが、修善寺は温泉の他にも見どころはたくさんあります。
東海第一の庭園と呼ばれる名園「修禅寺庭園」、ミシュラン・グリーンガイド・ジャポンで2つ星に輝く由緒ある「修禅寺」(有名な弘法大師空海によって創建されたと伝えられる伊豆の名刹だそうです)、小京都修善寺温泉が誇る「竹林の小径」、また温泉街付近に残る源氏にまつわる多くの史跡など、それぞれが趣のある、興味深いスポットで、自然と歴史の薫る街です。
そんな街で造られているベアードビール。醸造所の創立者でもあるブライアン氏の子供の頃のエピソードが名前の由来の「アングリーボーイ」、そのお母様が名前の由来の「カントリーガール」の2種を含む、ベアードビールお勧めの全6種をお届け致します!修善寺の素敵な風景を思い浮かべながら、自然を愛しビールを愛する、家族愛溢れるベアードビールからの贈り物を、ぜひご堪能ください♪

さてここで当ファン倶楽部’ビアフェスタ’のご紹介をさせてください。
ビアフェスタは毎月一度、ファン投票をもとに選ばれた地ビールを

(1)計画生産ゆえにできたて一番蔵出しを
(2)計画配送で美味しいチルド配送によって
(3)管理費用の低減で実現した割安料金で

味わうためのメンバーズ倶楽部です。

世界中の料理文化が繚乱と花咲いている日本で、いつも‘とりあえずのビール’ではさびしくありませんか?グラスでまったり味わう地ビールで、過ぎし日の一週間をゆっくりと振り返る、若しくはこれからの楽しい一週間に思いをはせる、なんてとっても素敵だと思いません?
サポートスタッフ一同頑張りますので是非応援してください。日本のビール文化をさらに充実させていきましょう。どうかこれからも長いお付き合いをいただけますよう、宜しくお願い申しあげます。

地ビールファン倶楽部 ビアフェスタ 一同より。                                                                                  平成30年3月吉日

 

今月の地ビール、ベアードビールのご紹介

 

◇ライジングサンペールエール
ホップの風味に富んだ、イキイキと爽快なペールエール。 言葉にできないほど複雑で奥が深く、日本の美学の究極の価値「バランス」をしっかりととらえている。いまでも、あとでも、明日でも、その次の日でも毎日でも飲みあきない理想的なビール。
アルコール度数 5.5%
初期比重 12.5
最終比重 2.8
苦み (IBU) 34
色 (SRM) 5

 

◇ウィートキング ウィット
「ウィット」とは、「ホワイト(白)」の意味。この小麦を主役にしたベルギースタイルエールの白濁した色に由来している。ホップ使いは軽めで、フレーバーにいいバランスを与える程度だ。いきいきとしたフルーツのようなフレーバーは、ベアードのハウスベルギーウィットビア酵母の発酵過程から生じる素敵な副産物。
アルコール度数 5.0%
初期比重  11.8
最終比重 3.0
苦み (IBU) 15
色 (SRM) 2.0

 

◇修善寺ヘリテッジへレス
へレスラガーは、その独自のビール文化で有名なドイツのバイエルン地方に長く伝わる偉大な歴史あるビールスタイル。修善寺ヘリテッジへレスは、スムーズで、喉の渇きを癒し、完璧にバランスも取れている。
アルコール度数 5.0%
初期比重  11.5
最終比重 2.6
苦み (IBU) 18
色 (SRM) 4.0

 

◇島国スタウト
アイリッシュ・スタイルの真髄・ドライスタウトのベアード版だ。黒々とした色、リッチでロースティなドライ感とは裏腹に、比重やアルコール度数は、比較的控えめ。これは、我が家でそして店で、毎日楽しめるスタウト。
アルコール度数 5.0%
初期比重  12.0
最終比重 3.0
苦み (IBU) 38
色 (SRM) 70+

 

◇アングリーボーイ ブラウンエール
クールな戦士の内に秘めた荒々しさと決意。赤々と燃える怒りの炎・・・。それが、この予測できないブラウンエールの姿。モルトの一瞬の甘さと優しさが、フレーバーの複雑さと苦み、そして、アングリーなエッジを隠している。醸造所創設者のブランアンが子供の頃、大好きだった地元のフットボールチームが負けてカンカンに怒っていたことが多かったことがこのビールの名前の由来となっている。
アルコール度数 7.0%
初期比重  15.0
最終比重 2.5
苦み (IBU) 45
色 (SRM) 20

 

◇カントリーガール かぼちゃエール
優雅なほんのりとした甘さと、洗練された複雑なフレーバーも感じさせる。かぼちゃで有名なオハイオ州中部で育ったブライアンの母が名前の由来である。気品があり自然の恩恵を愛した彼女からインスパイアされたビール。
アルコール度数 6.5%
初期比重  14.6
最終比重 3.0
苦み (IBU) 25
色 (SRM) 14

 

【今月の配送予定】
3/31~4/1の予定となっております。
なお、引っ越し等でお届け先にご変更がある場合はinfo@beerfesta.comまでお知らせください。よろしくお願いいたします。

 

編集後記

 

「オリンピックのスキーを見ていて40年前に東京に出てきてスキーに熱中した時のことを思い出しました。大学2年の冬に初めて国道17号線に乗って三国峠を越えるとそこは本当に「雪国」の世界でありました。最初のスキーで一度にその魅力にはまり、大学3年と4年の時は冬のシーズンを新潟の石打スキー場のロッジに泊まり込みのアルバイトで、シーズン100日くらい過ごしました。なんせスキーが上手いとめちゃくちゃモテましたもん。気が付けば家内ともスキー場で出会ったわけでして。スキー場では雪の反射から来る色白の効果とスキー場のロマンチックな雰囲気で異性がやたらカッコよく、また奇麗に見えるので、雪が溶けて4月になって山を降りて上野駅で数カ月ぶりに家内と会った時、家内は私のことを「あれ、貴方そんなに小さかったっけ?」と言い、私は「誰やこのおばはん?」と言って喧嘩したものでした(笑)。また数十年ぶりに孫連れてスキーに行こうと家内と話しながらオリンピック放送をノンビリこたつで見ております。ビール片手に。」(さ)

 

バレンタインデーは世界的に恋人たちの日として知られ、日本は女性がチョコレートを贈る日とされています。そこで、この時期を狙って発売されるのがチョコレートビール。ビールのスタイルブックによると板チョコを発酵原料に加えて生まれたクラフトビールですが、日本では熟成タンクに直接カカオ豆を投入する醸造所が一部にあるものの、ほとんどがチョコレートモルトを使った濃厚なスタウトを提供しています。通常使うモルトは85度で焙煎されきつね色をしていますが、チョコレートモルトは160度で焦げる寸前まで焙煎されるので真っ黒に見えます。香りやほろ苦さがビターチョコのようであり、糖分が抜けて苦いばかりなので酵母の餌にはなりません。(いしわたかおる)

 

3連休を利用して、弘前城の雪燈籠まつりに行って参りました。弘前城のお堀は凍ってしまっていて、これではお堀の役に立たないじゃないかなんて思いながら散策していましたら、地ビールを発見。さっそく購入して飲んでみたところ、凍てつく寒さも手伝ってなのか、「美味しい!さすが東北」となりました。でもよく見ると、弘前の地ビールではなく、姉妹都市の別の県のものでした……。ただ、美味しいものは美味しいので、ラインナップに加えられないか検討してみたいと思います。

そういえば来月はベアードビールの登場です。地ビール好きの人には知られていましたが、不動前(目黒区)のお店で飲んで美味しさに感動し、背景にあるストーリーに感銘を受けた銘柄です。乞うご期待♪(D)

 

 

厳選地ビール330ml(原則6本)月々3,600円

ビールの銘柄により内容本数や常温/チルドの発送方法に変更がある場合がございます。
離島・山間部など配達に時間のかかる地域へのお届けの場合、別途離島料金が発生する場合がございます。

できたてすぐを一番蔵出しのチルドで毎月お届け

ご入会案内

新着の地ビール

作州津山ビール

名水の地「津山」で生まれた日本製ならではの和食に合う香り高いビール

岡山県からお届け:2019年3月

ナギサビール

ビール職人だけが知っていたできたての味

和歌山県からお届け:2019年4月

湘南ビール

よっぱらいは日本を豊かにする

神奈川県からお届け:2019年5月