会員レター第155号

発行:2019年9月

ビアフェスタ会員の皆様へ

 

新秋の候、まだまだ残暑が続いておりますが、会員の皆様におかれましては、いかがお過ごしでしょうか。
いつもビアフェスタをご利用いただきまして誠にありがとうございます。運営者一同、心よりお礼申し上げます。

 

さて、9月は長野県よりTHE 軽井沢ビールをお届けいたします!

軽井沢は、日本でも有数の避暑地として有名ですね。
江戸時代には中山道の宿場町として栄え、その後、明治から大正にかけて日本在住の外国人が避暑に訪れることが多くなったと言われています。
当時の外国人は宣教師や教師、医師などが多かったことから、軽井沢は健全かつ文化的な避暑地として栄えてきました。
その後、日本人が観光地というより別荘地として利用する事が多くなり、今でもその名残がそのまま残っているようです。

また、軽井沢の道路には「鳩山通り」「大隈通り」「堀辰雄の道」「近衛レーン」「細川レーン」といったように、歴史上の財界人、政治家、芸術家の名前も多く使われているようにゆかりの場所も多くなっています。
ちなみに「旧軽井沢銀座」という名称は、東京・銀座のお店が夏季出張店を出していたことに由来しているそうで。

夕方の少し涼しい空気や森に響く虫の声、一面に輝くたくさんの星、鳥のさえずりで目を覚ます朝は、都会の雑踏を忘れさせてくれ、とても贅沢な時間を過ごすことができます。ぜひ、日帰りではなく、何日かゆっくり過ごしてみたいものですね。
そんな軽井沢の浅間山のふもとにある軽井沢ブルワリーは、醸造所というより美術館のような建物で、エントランスに飾られた千住画伯の美しい絵、本物のサクソフォンを使用した出来たてのビールを注ぐビールサーバーなど、他ではなかなか味わえないプレミアムな空間。ご自宅でもぜひプレミアムな時間を味わってみてください♪

 

さてここで当ファン倶楽部’ビアフェスタ’のご紹介をさせてください。
ビアフェスタは毎月一度、ファン投票をもとに選ばれた地ビールを

(1)計画生産ゆえにできたて一番蔵出しを
(2)計画配送で美味しいチルド配送によって
(3)管理費用の低減で実現した割安料金で

味わうためのメンバーズ倶楽部です。

世界中の料理文化が繚乱と花咲いている日本で、いつも‘とりあえずのビール’では寂しくありませんか?グラスでまったり味わう地ビールで、過ぎし日の一週間をゆっくりと振り返る、もしくはこれからの楽しい一週間に思いをはせる・・・なんてとっても素敵だと思いませんか?
サポートスタッフ一同頑張りますので是非応援してください。日本のビール文化をさらに充実させていきましょう。どうかこれからも末長いお付き合いをいただけますよう、よろしくお願い申しあげます。

地ビールファン倶楽部 ビアフェスタスタッフ 一同より。

令和元年9月吉日

 

編集後記

 

「お酒の酔い止め・二日酔い対策として皆さんは何か独自の方法をお持ちでしょうか?ウコン?テレビでCMの多い肝臓薬?お酒を飲まない?私は最近知人から紹介された次の方法を使っています。当然個人差はあるのあくまで参考にということで。それは青汁2袋と●●酵素2袋です。●●酵素は宣伝になるので、他社でも良いので適当にゼリー状のものであれば良いらしい。これを酒を飲む2時間前に飲むのです。私の場合、当日お酒に酔うのは全く同じですが、翌日に飲まない時より元気である実感がします。特に接待等でかなりの量を飲む時は、いつもは翌日仕事になりませんが、これを飲んでおくとごく普通に仕事が出来ます。一緒に行った若手が席でグータラしている中で普通に動ける満足感は結構ありがたいです。まあ問題はこれを2時間前に飲んでいて急に仕事が入って飲み会がキャンセルされた時に、折角準備したのだからと一人でも飲みに行っていつもより多めに飲んでしまうことです。まあ興味ある方は個人責任でお試しください。ちなみに友人に勧めたところ全く効果無しという事でしたので個人差が大きいのは間違いないと思いますが。。。」(さ)

 

世界で一番有名なビール祭りは、ミュンヘンのオクトーバーフェストではないでしょうか。1810年にバイエルン国王ルードヴィッヒ一世とテレージェ王妃が結婚した際、催された南北1km東西600mの野原での競馬会で領民にビールを振舞ってから、この野原(テレージェンヴィーゼ広場:テレージェ王妃の野原という意味です)を会場に毎年開催されており、普段は素朴で大人しいバイエルンの人達が大手を振って馬鹿騒ぎできる祭りになっています。今年の開催は9月21日から10月6日までで、初日の土曜日は、フェスト会場までの約3kmを11時スタートで50分かけて練り歩く、祭り会場のビールテントで働く人達のパレードで始まります。祭りは12時スタートです。広場中央でミュンヘン市長がお道化ながらビール樽を割り、バイエルン州知事が最初の一杯を飲み干して会場での飲食が解禁になります。ミュンヘンの6社の大手メーカーが運営するビールテントは、どれも1万人規模で収容できる大きなもので、中央には楽団ステージが築かれ、これをベンチ席が囲むかたちになっています。びっしりすき間なく詰まった客が、音楽にあわせて大ジョッキを片手にウェーブしながら大合唱する様は圧巻で、警備員の制止にもかかわらずテーブルやベンチの上に乗ってノリノリに踊る人も出てきます。昨年は630万人の来場者があり、750万リットルのビールが消費されました。オクトーバーフェストの間は「ミュンヘンの街全体が酔っ払っている」というのが偽らざる感想で、リオのカーニバルに匹敵すると言うのも頷けます。ビール好きにとっては、一生に一度は浸ってみたい祭りではないでしょうか。(いしわたかおる)

 

先日、睡眠の専門家の話を聞くことがありました。今思えば「それ、睡眠の話題なんだろうか?」とも思いますが、夫婦喧嘩をした気まずい時でも、寝る前に一応は「おやすみなさい」と口に出すことで、怒りやネガティブなストレスが半減されるという話が印象的でした。同じ理屈で、美味しいものを飲んだり食べたりしたときにでも「おいしー!」「うまい!」と口に出したほうが美味しく感じるのかと思います。ということで、「ビアフェスタで送られてくるビール、おいしい!」とご唱和お願いいたします。(D)

 

 

 

 

厳選地ビール330ml(原則6本)月々3,600円

ビールの銘柄により内容本数や常温/チルドの発送方法に変更がある場合がございます。
離島・山間部など配達に時間のかかる地域へのお届けの場合、別途離島料金が発生する場合がございます。

できたてすぐを一番蔵出しのチルドで毎月お届け

ご入会案内

新着の地ビール

THE 軽井沢ビール

おいしさを求めて

長野県からお届け:2019年9月

諏訪浪漫ビール

歴史と水の蔵で造られるプレミアムビール

長野県からお届け:2019年10月

ただいま選定中です

決まり次第お知らせいたします。

からお届け:2019年11月