会員レター第144号

発行:2018年10月

ビアフェスタ会員の皆様へ

 

日増しに秋の深まりを感じる季節となってまいりましたが、会員の皆様におかれましてはいかがお過ごしでしょうか。
いつもビアフェスタをご利用いただきまして誠にありがとうございます。運営者一同、心よりお礼申し上げます。

さて、10月は新潟県からスワンレイクビールをお届けいたします。
スワンレイクビールが造られている醸造所の近くには、白鳥の渡来地として国の天然記念物に指定されている瓢湖(ひょうこ)があります。
「スワンレイクビール」という名前の由来はそこからきているそうです。
湖畔には瓢湖観察舎があり、暖かい所で白鳥を観察することもでき、「瓢湖 水鳥のエサ」を購入すれば餌付けすることもできます。
白鳥は10月上旬から3月下旬まで滞在し、11月下旬が一番ピークだといわれています。
ちょうどスワンレイクビールをお届けする頃には、白鳥もたくさん渡来している時期かもしれません。
白鳥が飛び立つ姿は美しく、見とれてしまう圧巻の光景ですので、朝方、朝もやの立ち込める空を飛び立つ白鳥、夕暮れに染まる瓢湖に戻ってくる白鳥・・・そんな姿を思い浮かべながら味わい深くお楽しみください♪

さてここで当ファン倶楽部’ビアフェスタ’のご紹介をさせてください。
ビアフェスタは毎月一度、ファン投票をもとに選ばれた地ビールを

(1)計画生産ゆえにできたて一番蔵出しを
(2)計画配送で美味しいチルド配送によって
(3)管理費用の低減で実現した割安料金で

味わうためのメンバーズ倶楽部です。

世界中の料理文化が繚乱と花咲いている日本で、いつも‘とりあえずのビール’では寂しくありませんか?グラスでまったり味わう地ビールで、過ぎし日の一週間をゆっくりと振り返る、もしくはこれからの楽しい一週間に思いをはせる・・・なんてとっても素敵だと思いませんか?
サポートスタッフ一同頑張りますので是非応援してください。日本のビール文化をさらに充実させていきましょう。どうかこれからも末長いお付き合いをいただけますよう、よろしくお願い申しあげます。

地ビールファン倶楽部 ビアフェスタスタッフ 一同より。

平成30年10月吉日

10月の地ビール スワンレイクビールのご紹介

 

◇ゴールデエンスワンエール

アルコール度数:5%
すっきりタイプのビールで苦みと風味の豊かさが特徴です。
フローラルなホップの香りと穏やかなモルトの甘みがバランス良く、ラガービールのような瑞々しい味わいも印象的な本格的なライトビールです。

 

◇アガノセゾン

アルコール度数:6%
原料に地元阿賀野市産小麦を2割使用しています。
セゾンイーストによるドライでフルーティな潤う清涼感のビールです。

 

 

◇インペリアルパンプキンエール

アルコール度数:8%
ハロウィン限定のかぼちゃを使用したビール!
上質なアルコール感とスパイス香る味わい、かぼちゃによる素朴な甘みが特徴です。

 

 

編集後記

今回はちょっと堅い話で。皆さんはSDGsって聞いたことありますか?たまに電車のなかでスーツの胸に虹色のカラフルな丸いバッジをつけている人を見かけたらそれはその方が働いている会社でもこのSDGsの取り組んでいるということでしょう。このSDGsとは「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」の略称です。そもそもどう発音するかというと、SDGs(エス・ディー・ジーズ)です。SDGsは2015年9月の国連サミットで採択されたもので、国連加盟193か国が2016年~2030年の15年間で達成するために掲げた目標なんですね。
以下の17の目標があります。
1.貧困をなくそう
2.飢餓をゼロに
3.すべての人に保健と福祉を
4.質の高い教育をみんなに
5.ジェンダー平等を実現しよう
6.安全な水とトイレを世界中に
7.エネルギーをみんなに、そしてクリーンに
8.働きがいも経済成長も
9.産業と技術革新の基盤をつくろう
10.人や国の不平等をなくそう
11.住み続けられるまちづくりを
12.つくる責任つかう責任
13.気候変動に具体的な対策を
14.海の豊かさを守ろう
15.陸の豊かさも守ろう
16.平和と公正をすべての人に
17.パートナーシップで目標を達成しよう
よくあるお題目と考えてしまうとそれまでですので、今回は超前向きにこの動きをとらえることにしました。
どれもこれも大切なことでこれらに全て取り組んでしまうと途中で自分があの世に行ってしまう年令ですので、今回はそのうちの<7.エネルギーをみんなに、そしてクリーンに。>と<13.気候変動に具体的な対策を。>には前向きに取り組むことにして動いております。
簡単に言うと自分がやっている仕事をこの17のどれかに勝手に結び付けちゃっても良いわけでそのほうが自然かもしれません。大体<1.貧困をなくそう>と言われてもどうしていいかわかりませんものね。
ちょっと世の中に貢献しているって結構豊かな気持ちになります。まだまだ成果は小さいですが2030年まであと12年もあるので忘れないで取り組めたら幸せです。」(さ)

 

豊作を祝う収穫祭の意味合いもあって秋に多いビールイベント。最も有名なのはミュンヘンのオクトーバーフェストではないでしょうか。今年で208周年を迎え、9月22日から10月7日に開催されました。もともとはバイエルン王国皇太子の結婚式を祝う盛大な競馬大会を中心とした市民イベントで、第1回は1810年10月17日の開催になります。しかしドイツの10月は、冬のような冷え込みに襲われることもしばしばです。ビールを飲むには寒すぎると会期を9月に前倒し、9月中旬から10月上旬の2週間が慣例になりました。ビール好きなら、一生に一度は本場ドイツのオクトーバーフェストに参加してみたいものです。ミュンヘンは街中が酔っ払ってますよ。(いしわたかおる)

 

最近「中の人」で議論になるのは、クール便を継続するか否かです。商品にもよっては、実はクール便を使わなくても品質は1-2日ではそんなに劣化しないものもあるようです。ではそうした商品においてお客様が満足するかどうかというと、やはり「キンキン」という言葉の響きは魅惑のインパクトがあるようで……。「だったらクール便で」となりそうなものですが、昨今の配送料の高騰(適正化?)の波が私たちも含めた小規模事業者にとってとても大きな問題となっています。ということを悩みながら、明日も名古屋で新しいクラフトビールレストランの調査に行って参ります(D)

厳選地ビール330ml(原則6本)月々3,600円

ビールの銘柄により内容本数や常温/チルドの発送方法に変更がある場合がございます。
離島・山間部など配達に時間のかかる地域へのお届けの場合、別途離島料金が発生する場合がございます。

できたてすぐを一番蔵出しのチルドで毎月お届け

ご入会案内

新着の地ビール

THE 軽井沢ビール

おいしさを求めて

長野県からお届け:2019年9月

諏訪浪漫ビール

歴史と水の蔵で造られるプレミアムビール

長野県からお届け:2019年10月

ただいま選定中です

決まり次第お知らせいたします。

からお届け:2019年11月