会員レター第141号

発行:2018年7月

ビアフェスタ会員の皆様へ

 

初夏を思わせる風が心地よくなってまいりましたが、会員の皆様におかれましてはいかがお過ごしでしょうか。いつもビアフェスタをご利用いただきまして誠にありがとうございます。運営者一同、心よりお礼申し上げます。

さて、7月は大阪より箕面ビールをお届けいたします!大阪といえば、大阪駅付近の高層商業施設が立ち並ぶ都会的なイメージや、道頓堀のような活気溢れるお店が並ぶ地域、USJなどのエンターテイメント施設の印象が強いかと思いますが、少し足をのばせば綺麗な自然に触れることができます。特に醸造所のある箕面エリアは自然豊かなエリアです。「明治の森箕面国定公園」の中にある「名勝 箕面の滝」は日本の滝100選にも選ばれており、年間200万人以上の観光客が訪れる紅葉の名所となっています。最近では夏のイベントとして行われる滝道と滝のライトアップやキャンドルロードなども脚光を浴び人気です。この公園のように豊かな自然環境の山間・山麓部は箕面市全体の約60%を占めているといわれています!また「大阪府みどりの100選」に選ばれた「箕面桜並木通り」は約350m続く桜のトンネルを眺めることができ、隠れた人気スポットです♪そんな豊かな自然に囲まれた醸造所で、少人数のビール職人が良質な箕面の水と特産品を使用した季節限定の創作ビールなどを造り出し、世界の数々のコンテストで受賞している、知る人ぞ知るビールです!

 

さてここで当ファン倶楽部’ビアフェスタ’のご紹介をさせてください。
ビアフェスタは毎月一度、ファン投票をもとに選ばれた地ビールを

(1)計画生産ゆえにできたて一番蔵出しを
(2)計画配送で美味しいチルド配送によって
(3)管理費用の低減で実現した割安料金で

味わうためのメンバーズ倶楽部です。

世界中の料理文化が繚乱と花咲いている日本で、いつも‘とりあえずのビール’では寂しくありませんか?グラスでまったり味わう地ビールで、過ぎし日の一週間をゆっくりと振り返る、もしくはこれからの楽しい一週間に思いをはせる・・・なんてとっても素敵だと思いませんか?
サポートスタッフ一同頑張りますので是非応援してください。日本のビール文化をさらに充実させていきましょう。どうかこれからも末長いお付き合いをいただけますよう、よろしくお願い申しあげます。

地ビールファン倶楽部 ビアフェスタスタッフ 一同より。

 

 

7月の地ビール 箕面ビールのご紹介

 

滝と紅葉が有名な緑豊かな土地「大阪箕面」で、特別なビールではなく、日常の生活でいつもお楽しみ頂けるような「デイリーなビール」をモットーに造られています。

 

◇ペールエール

アルコール度数:約5.5%
ホップの香りと苦みが特長のキレのある定番エール。
カスケードホップを贅沢に使用した、柑橘系のアロマが爽やかなアメリカンスタイルのペールエールです。
香りと一緒に心地よい苦味を楽しんでもらえる、すっきりとした後味が特徴のビールです。

◇ヴァイツェン

アルコール度数:約5%
小麦麦芽を使用したフルーティで優しい南ドイツスタイルのビール。
ヴァイツェン酵母が醸し出すバナナやクローブを思わせるフルーティーな香りが特徴です。
箕面ビールのヴァイツェンは香りはやや抑え目で爽快な後味とやわらかい飲み口がクセになるビールです。

◇スタウト

アルコール度数:5.5%
コーヒーやビターチョコレートを思わせるフレーバー、滑らかなやわらかさとドライな後味にこだわった、飲み飽きないスタウト。
何杯でも飲みたい黒!を追求した、箕面ビールの自信作です。

 

 

編集後記

 

「サッカーのワールドカップが始まる。先日6月4日の社内会議で「そういえばワールドカップいつ始まるの?」と聞いたら「2週間後です」と言われて驚きました。いつもはもっと人気化しているはずなのに。やっぱり決勝リーグに行く見込みが少ないからか?まあ良く言われる用に不思議と前評判が高い国ほど結果を残せなくて逆のパターンが多いのかもしれないですね。なんせ2002年の日本開催の時は前のフランス大会で3戦全敗だったため期待も低く、でも結果は初めて日本がベスト16になったものね。渋谷で知らない誰かと抱き合って歩いたのを覚えております。サッカーの神様のいたずらで日本が優勝したら世界中の日本を見る目が変わるのでしょうね。益々多くの観光客が日本に来て、そして美味しい日本の地ビールを飲んで更に驚く。そんな日が本当に来れば最高ですね。私は正直日本酒も結構飲むので、地ビールに地酒、そして地元の食材で日本を知って貰ったらそれこそ本当の国際化につながると信じております。乾杯!」(さ)

 

「梅雨というとカビが心配ですね。きれいにしてもすぐ復活してしまうカビ、根こそぎ退治するには50℃のお湯を90秒間かけると良いのだそうです。カビというのは菌糸という糸状細胞の菌類ですが、ビールの酵母は球や卵の形をした単細胞の菌類です。カビより大きくて5~10ミクロン、細胞分裂により増殖し子細胞は2~6時間で母細胞と同じ大きさに成長します。自然界にいる酵母は土の中で越冬し、春になると風に乗って浮遊します。糖質をアルコールに転化する能力を持ち、同時に二酸化炭素、エステル、ダイアセチルなど副産物を生み出しますので、これがビールの味や性格を決定づけます。大きく上面発酵のエール酵母と下面発酵のラガー酵母に分かれます。」いしわたかおる

 

「あっと言う間に梅雨になりましたね。最近地方都市や上海に行くのですが、上海の物価の高騰ぶりに驚きます。普通に普通の喫茶店でアイスコーヒー飲んでも800円。一方で、名古屋の普通の喫茶店で飲んだ美味しい炭火焙煎のアイスコーヒーは400円弱。この差額は、ほとんど家賃に払っているものと思われます。ご存じのように一般のビールの原価構成のうち、材料費はごくわずかで、ほとんどは容器、広告費や流通コストが占めています(大量に作ってるので加工費が安いですが)。そんな観点からすると、クラフトビールの原価構成は材料費にかなりウェイトが占められていて、まさに本格志向の愛すべき商材と言えましょう。そんな愛すべき商材がここにありますので、父の日のプレゼントを渡し忘れた皆さんは是非ビアフェスタへ♪」(D)

 

 

 

 

厳選地ビール330ml(原則6本)月々3,600円

ビールの銘柄により内容本数や常温/チルドの発送方法に変更がある場合がございます。
離島・山間部など配達に時間のかかる地域へのお届けの場合、別途離島料金が発生する場合がございます。

できたてすぐを一番蔵出しのチルドで毎月お届け

ご入会案内

新着の地ビール

金澤麦酒

自家培養の新鮮な酵母でクラフトの街「金沢」を感じさせるビールを

石川県からお届け:2019年1月

エチゴビール

飲み手であるお客様のドラマを精一杯応援したい全国第一号地ビール

新潟県からお届け:2019年2月

ただいま選定中です♪

決まり次第お知らせいたします!

からお届け:2019年3月