会員レター第139号

発行:2018年5月

ビアフェスタ会員の皆様へ

 

新緑も眩しく、清々しい風が気持ち良い季節になってまいりましたが、会員の皆さまにおかれましてはいかがお過ごしでしょうか。

さて、5月は三重県伊勢の「伊勢角屋麦酒」よりお届け致します。
伊勢といえば伊勢神宮が有名ですね。年代問わず人気の観光スポットで、1年を通してたくさんの観光客が訪れる地域となっております。伊勢神宮は外宮内宮と分かれており(外宮は左側通行、内宮は右側通行など決まっているようです)参拝に訪れた方々に人気なのが、地元グルメや伊勢ならではのお土産をお楽しみ頂ける、江戸期から明治期にかけての伊勢路を再現した「おかげ横丁」です。その街並みの中を歩くだけでもその時代に触れ合うことができたような感覚になり、日常を忘れます♪また、伊勢神宮と並んで人気の「猿田彦神社」も近くにあり、そこにある古殿地干支という石には方角が刻まれていて、自分の干支に触れる事で幸運が訪れると言われています。そして有名な赤福も伊勢名物!今や全国に広まり、好きな方も多いのではないでしょうか。そして5月にお届けの「伊勢角屋麦酒」はもともとは戦国時代に旅人にお茶を振舞う茶屋だったとのことですので、もしかしたらおかげ横丁のような軒並みの中にあったかもしれませんね。日本の神話に触れ、歴史に触れ、伊勢のおごそかで神聖な空気の中で造られたビールを、その時代にタイムスリップしたような気分で味わってみるのもまた風情があって楽しいかもしれません♪

 

さてここで当ファン倶楽部’ビアフェスタ’のご紹介をさせてください。
ビアフェスタは毎月一度、ファン投票をもとに選ばれた地ビールを

(1)計画生産ゆえにできたて一番蔵出しを
(2)計画配送で美味しいチルド配送によって
(3)管理費用の低減で実現した割安料金で

味わうためのメンバーズ倶楽部です。

世界中の料理文化が繚乱と花咲いている日本で、いつも‘とりあえずのビール’では寂しくありませんか?グラスでまったり味わう地ビールで、過ぎし日の一週間をゆっくりと振り返る、もしくはこれからの楽しい一週間に思いをはせる・・・なんてとっても素敵だと思いませんか?
サポートスタッフ一同頑張りますので是非応援してください。日本のビール文化をさらに充実させていきましょう。どうかこれからも末長いお付き合いをいただけますよう、よろしくお願い申しあげます。

地ビールファン倶楽部 ビアフェスタスタッフ 一同より。

 

5月の地ビール 伊勢角屋麦酒のご紹介

 

三重県伊勢市にある「伊勢角屋麦酒」は、戦国時代の1575年(天正3年)創業、伊勢詣での旅人にお茶を振る舞う茶屋「角屋」を源とする餅菓子屋「二軒茶屋餅角屋本店」の醸造所です。

世界のビールコンペティションで連続受賞中で、日本国内だけでなく広く海外でも愛されている、世界が認めた味をお届け致します。

 

◇ペールエール
アルコール度数:5%
後に残らないクリアな苦味が甘みの余韻を膨らませ、味わい深い中にもクセがなく、素直な飲み口が香りの印象を引き立てるものとなっております。初心者からクラフトビール好きの方にもおすすめの飲みやすく飲み飽きない自慢のビールです!

◇インペリアルレッドエール
アルコール度数:6.3%
香りはふくよかでシトラスのフルーティな柑橘系の香りが鼻から抜けます。軽くてスッキリ、柔らかくて強い、存在感はどっしり重い感じに仕上がっております。適度なコクとボディー感でギュッと締め上げる強烈な苦味が後味を引き締めてくれます。

◇ヒメホワイト
アルコール度数:5%
少しクセのあるコリアンダーを使用しながらもその使用量を絶妙に調整し、少し控えめにすることで天然酵母からのスパイシーな香りと国内産柚子の皮から醸し出される爽やかな香りが引き立つように仕上げました。一般的なホワイトエールに比べて小麦麦芽の使用比率を抑えております。そのためその飲み口は軽やかに特有の味わいを残しつつ、控えめな苦味と相まって、非常に飲みやす一杯となっております。

◇ゴールデンドラゴン
アルコール度数:4%
北米系ホップの青々しくフレッシュなシトラスの香りに魅かれるように口をつけると、柑橘の皮や果汁のようなフルーティで甘い香りが柔らかく広がります。鮮やかな金色に輝く澄んだ色合い、切れたライトのボティがすっきりと瑞々しくするすると「龍」が喉の奥に流れこんでいきます。甘みを抑えたドライな口あたりですので、苦味もはっきりと感じられます。フィニッシュは「龍」が天に昇るようにホップの香りが突き抜けていきます。

◇ラシュホップIPA
アルコール度数:6%
5種類の北米系ホップが織りなす、シトラス、フルーティといった華やかなアロマの中にスパイシーさも感じられる、IPAらしい複雑なアロマが一番の特徴です。グラスから立ち上がる香り高いアロマをお楽しみいただけます。伊勢角IPAシリーズの中では、香りを引き出すため、ホップの苦味が突出しないように、素直でクリーンな飲み心地とのバランス感を重視しました。上品な苦味とかすかな渋み、切れ味とアルコールの優しい余韻が感じられる、飲みやすさと癒やしのIPAです。

 

編集後記

 

『携帯が突如壊れた!6年間付き合って充電さえしてあげれば一切文句も言わず24時間、世界のどこに行っても頑張って支えてくれた僕の携帯が一昨日突如壊れました。昼まで全く問題なく電話、LINE、写真等に活躍してくれていたのに昼過ぎに手に取ると画面が真っ黒で最初何が起こったのか?充電切れ?まさかさっきまで90%の充電率だったし。なんで?とスイッチを長押ししてオンにしようとすること数時間、全く蘇生せず反応しない携帯を持って、年に数回もしない早退をして自宅近くのショップに駆け込みました。40分ほど待たされてようやくまるで孫が大病したような爺さんのすがる声で「あのう、僕の携帯の電気がつかなくて。壊れたみたいです。。。」と切り出しました。若い店員は簡単にチェックして開口一番「はい、壊れていますね。機種はどうしましょ?」とマニュアル通りに質問し、私は「機種?」「修理できないの?」「中に入った孫の写真は?孫の動画は?仕事のファイルは?」とオタオタするばかり。昔、お下品なファイルを開いてPCがイカウイルスにやられて固まってしまった時と同じく完全に思考が停止して壊れた携帯と全く同じ状態に陥ってしまいました。2時間ほどのやり取りで不安は少し解消され数日後に新しい携帯とこれから付き合うことになります。帰って家内に話すと「そうそう、今じゃアンタよりも携帯のほうが頼りになるもんね」ということでそのうち家内は携帯と結婚するのではないかと思ったある日の出来事でした。』(さ)

 

先月に引き続き、国際見本市でのクラフトビールを過去の記事で振り返ります。2012年(65号)に「Foodexで国外の出展が半数を超え急速なグローバル化が実感できた」とあります。外国のビール紹介に影響されてかクラフトビールが特別なものではなくなりました。2013年(77号)ではワインとビールの紹介数が逆転し、日本でのビール市場の成熟度が世界的に注目されている印象が書かれており、2015年(101号)には「プレミアム、クラフトビールでがぜん注目のビール市場」になり、日本と世界のビールが国別に紹介されました。2016年(113号)では味噌や醤油にあうエールや桜、梅、柚子のランビックが登場するに至り技術的にこなれてきた感じがしたものです。(いしわたかおる)

 

世の中には健康法や痩せる方法については諸説溢れてますね。ここ数年もっぱら主流になりつつあったのは炭水化物(の摂取を抑制する)ダイエットだったのかもしれません。しかしそれ1つ取っても、「全く摂取しない方が良い」という人もいれば、「その量は関係なく、食べる順番が重要なんだ」という人もいたりして、人体にはまだまだ謎が多いんだなあと感じます。ただ、米やパスタを食べちゃいけないなんて言ったら、人類が絶滅していてもおかしくなさそうな気もしますが…。それらのうち何かの理論とクラフトビールの作り方や材料に紐づけて紹介できないかなあと継続的に研究していますが、まだ結論は出ていません。いずれにせよ、気分良く味わって精神的に潤うのが一番健康に良いんでしょうね。すみません、元も子もないお話で。(D)

 

 

 

厳選地ビール330ml(原則6本)月々3,600円

ビールの銘柄により内容本数や常温/チルドの発送方法に変更がある場合がございます。
離島・山間部など配達に時間のかかる地域へのお届けの場合、別途離島料金が発生する場合がございます。

できたてすぐを一番蔵出しのチルドで毎月お届け

ご入会案内

新着の地ビール

作州津山ビール

名水の地「津山」で生まれた日本製ならではの和食に合う香り高いビール

岡山県からお届け:2019年3月

ナギサビール

ビール職人だけが知っていたできたての味

和歌山県からお届け:2019年4月

湘南ビール

よっぱらいは日本を豊かにする

神奈川県からお届け:2019年5月