nobocon

推薦する地ビール銘柄

「常陸野ネストホワイトエール」(茨城)

もはや芸術品です。ベルギー人が飲んでもびっくりすること間違いないでしょう。特に樽生は絶品!ここまで香り高くしっかりした味わいのベルジャンホワイトは世界中探してもなかなか無いんじゃないでしょうか。

「常陸野ネストエスプレッソスタウト」(茨城)

輸出専用ビールなので特に樽生はなかなかお目にかかれないと思いますが、このビールのアロマはすごいです。ここまでエスプレッソの個性を生かせたビールに出合ったことがありません。時間を忘れてしまいそうなビールです。

「金シャチビールアルト」(愛知)

本場でアルトを飲んだことが無いので不適切な表現かもしれませんが、日本に輸入されている本場ドイツのアルトと比べると、月とすっぽんぐらい段違いに素晴らしいです。地元愛知にこんなビールを造れる職人がいることを誇りに思います。

「ヤッホーブルーイングよなよなエール」(長野)

まず第一にコストパフォーマンスがすごいです。この味でこの値段は反則ですね。よなよなに限らず、カスケードホップがこんなにも日本人に受けるなんて意外でしたね。

「ベアードブルーイングレッドローズアンバーエール」(静岡)

日本にあるアンバーエールの中で最も個性的で味わい深いビールではないでしょうか。(もっともアンバーエールの定義は解りづらいが。)ベアードのビールはすべてホールのホップにこだわっているので尊敬に値します。

「DENBEER裸の王様」(愛知)

安城市にあるデンパークという公園は子供をつれて遊びにいく場所としてとても良い公園で、ちょっと暑い日に公園内のブルワリーレストランで順番待ちしているときに初めて飲みました。暑かったことや自分の気分が良かった事も影響してかとても印象に残っています。すっきりとして飲みやすく万人受けのバランスの良いエールです。

「モクモクペールエール」(三重)

10数年前私が初めて飲んだ思い出の地ビールです。その気品ある香りに心奪われビールの世界にどっぷり浸かってしまいました。

「伊勢角屋麦酒スタウト」(三重)

ギネスには悪いけど、これを飲んだらギネスを飲む気が失せてしまいます。わざわざアイルランドから鮮度を気にして輸入されたビールを飲むより、技術も鮮度も勝るこのビールを飲む事を強くお勧めします。

「伊勢角屋麦酒ヴァイツェン」(三重)

今は生産終了して幻のビールになってしまったことを残念に思います。日本一うまいヴァイツェンでした。味比べしていないんで解らないですが、常陸野ネストのヴァイツェンもなかなかうまいです。

プロフィール

名前

nobocon

地ビール暦

10数年前、モクモクペールエールを飲んで以来。

出身地と現住所

愛知県(名古屋市から電車で10分にある温泉のある田舎町)

性別

地ビールについての想い

ビールがワインと同じぐらいの市民権を得る日を夢見ています。(カジュアル使いからフォーマルまで味わって楽しめるという意味で。)日本の地ビールは味に関しては言うこと無しですが、味さえ良ければいいというものではないと思います。(品評会では味さえ良ければいいが。)次は味以外の部分でもっとおいしくなる工夫をしなければいけないと思います。(ビジュアルやストーリー、または私たち提供する人間のレベルアップも含めて)目指せベルギー越え!!

ご本人のアピールポイント

ベルギービール研究家。田舎で細々とビールを売っています。

ブログ

http://www.clovernet.ne.jp/~spcbar/

厳選地ビール330ml(原則6本)月々3,600円

ビールの銘柄により内容本数や常温/チルドの発送方法に変更がある場合がございます。
離島・山間部など配達に時間のかかる地域へのお届けの場合、別途離島料金が発生する場合がございます。

できたてすぐを一番蔵出しのチルドで毎月お届け

ご入会案内

新着の地ビール

伊勢角屋麦酒

小さくても存在感のあるブルワリーで造る、新鮮な驚きと笑顔になって頂けるビールを。

三重県からお届け:2018年5月

長濱浪漫ビール

湖国を愛しビールを愛する集団が造る、浪漫溢れる時間と空間を。

滋賀県からお届け:2018年6月

箕面ビール

グラスに注いだ瞬間から広がる笑顔、楽しくて美味しいビールを。

大阪府からお届け:2018年7月