ビールの効用

ビールにはビール100ミリリットル中に、たんぱく質が0.5グラム、炭水化物3.1グラム、カルシウム2ミリグラム、鉄分0.01ミリグラム、ビタミンB2が0.02ミリグラム含まれており「飲むパン」ともいわれています。ビールははじめ薬だったのですね。またビール酵母は真菌類と呼ばれる微生物で、製造過程で大量に増殖したビール酵母を乾燥させて消化吸収をよくしたものが「エビオス」なのです。もう一つ覚えておいていただきたいのは健康効果を発揮するのはあくまでもビール酵母であるという点です。つまりこの酵母をほとんどろ過してしまっている日本メーカーのビールにはその効果が期待できないのであります。これまた残念であります。

ビールには具体的には以下のような効果があるとされています。

  1. 肝機能の強化
  2. 白内障・脚気を防ぐ。
  3. 胃腸の働きを活発にする。炭酸ガスが胃壁を刺激して胃液の分泌を促進し、食欲を増進させる作用があります。またホップの苦味も消化を助け食欲増進に効果があります。
  4. 動脈硬化の防止 ナトリウム塩含量が低く、低濃度のアルコールには動脈硬化を予防する働きがあるとも言われています。 
  5.  
  6. 便秘防止作用 ビールに含まれるクロロゲン酸に中枢神経興奮作用や、胃酸の分泌を促進する作用があり便秘気味の人に対して緩下剤としての作用も果たします。 
  7. ストレス発散作用

アルコール濃度が低いことや、喉の渇きを癒して心地よい食欲を呼び起こしてくれることなどから程よく飲めばストレス解消としての作用も果たします。あくまでも程よく飲めばですよ。
特にビールは仲間とワイワイ盛り上がって飲むことが多くその雰囲気もストレス解消効果を高めることになっているとも考えられますね。

厳選地ビール330ml(原則6本)月々3,600円

ビールの銘柄により内容本数や常温/チルドの発送方法に変更がある場合がございます。
離島・山間部など配達に時間のかかる地域へのお届けの場合、別途離島料金が発生する場合がございます。

できたてすぐを一番蔵出しのチルドで毎月お届け

ご入会案内

新着の地ビール

ナギサビール

ビール職人だけが知っていたできたての味

和歌山県からお届け:2019年4月

湘南ビール

よっぱらいは日本を豊かにする

神奈川県からお届け:2019年5月

さぬきビール

ドイツで飲む美味しさを気候風土の違う日本でも美味しく味わえるように

香川県からお届け:2019年6月