あめ

推薦する地ビール銘柄

「ヤッホー・ブルーイング よなよなエール」(長野県)

都心ではスーパーやコンビニでも見かけるほどメジャーな地ビールながら、カスケードホップが奏でる柑橘系のアロマに飢えているときは迷わず飛びつきたいペールエール。あぁ、こんなビールが手近で買えるなんて幸せです。

「ヤッホー・ブルーイング 英国古酒」(長野県)

華やかでいて、腰を据えた深みのある味わい……。現在のところ、これ以上心に響いたビールはありません。ちょっと高いですが、「とりあえず飲め」と言いたい。

「木内酒造 常陸野ネストビール ジンジャーエール」(茨城県)

豚肉の炒め物に生姜が入っている(生姜焼き)って、最初は違和感を覚えませんでしたか? それと同じで、生姜がこれほどモルトの風味を引き立てるとは実際に口にするまで想像できませんでした。

「木内酒造 常陸野ネストビール XH」(茨城県)

モルト/ホップ/酵母/水というオールモルトビールの原料で、何故これだけ複雑な味を醸し出せるのか? 果実のような濃密さと、モルティーな風味――。日本地ビール界の大御所たるゆえんでしょうか。

「エチゴビール スタウト」(新潟県)

さすが「全国第一号地ビール」と言うべきか、焙煎モルトのヘビーボディーに彩りを添えた小麦のフルーティーさが秀逸。これを飲んだら、もう幸せのうちに「寝る」以外の選択肢はありません。

「スワンレイクビール スワンレイクポーター」(新潟県)

やわらかくも腰があり、しっとりと暖炉の前で飲みたいビール。重さと軽さが同居する点が好印象につながっている。「ポーター」があまり好きではない方は、これを飲んでから好き/嫌いの判断をしてほしいところ。

「あくら さくら酵母ビール 花」(秋田県)

桜の木から採取した「さくら天然酵母」を使ったビールと聞けば色物を想像しがちだが、色物は色物でも色鮮やかな色物。モルト風味を備えた優しさに満ちあふれ、口の中で桜が満開になります。

「新潟麦酒 Ale de Le Lectier」(新潟県)

洋梨(ル・レクチェ)を副原料にしたみずみずしいビール。誰が何と言おうと、このビールの魅力は洋梨の「みずみずしさ」。甘みも苦みも洋梨とは異なるものの、その「みずみずしさ」の一点だけで飲むに値するでしょう。

「ひでじビール ゴールデン・フォックス・ピルスナー」(宮崎県)

飲みやすさの中にも、ラムネのようなフルーティーさとモルティーなコクをしっかりと両立させた希有な存在。優雅な高級感を全身に身にまとっています。蛇足ながら、消費者サポートがものすごく好印象でした。

「農業法人飛騨高山麦酒 ピルスナー」(岐阜県)

炭酸の加減、麦芽の風味、ホップの風味、口当たり、アフターテイストなどなど、ビールの好みを決める要素はたくさんあるでしょうが、このビールはそれらについて際立ったモノがありません。しかし、そこはバランスの妙。スタープレーヤーがいなくても、強いチームを作れる見本だと思います。

「夢みなとビール 鬼太郎ビール ヴァイツェン」(鳥取県)

フルーティーなヴァイツェンとはいえ、これほどまでにフルーティーな銘柄も珍しいもの。バナナのようなさわやかさに、リンゴを思わせる甘みが加わっている時点で1ラウンドKOされました。

プロフィール

名前

あめ

地ビール暦

3年くらいかな――というのも、合法的に飲酒が認められてから長らく、「ビールは炭酸の入った黄色いお酒(ときどき黒いのもある)」という程度の認識しかありませんでした。それが、たまたまDIYショップでCBC(株)の「手造りビール新基本セット」を見つけ、たまたま同社の山中貞博社長からビール講義を拝聴する機会に恵まれ、ビールというモノの奥深さにのめり込んでいった次第です。なんせ、それまで上面/下面発酵の違いも知りませんでしたから……。とはいえ、ビールが奥深いと知ってからも、「気軽に楽しく、その場で美味しく飲めるお酒」というスタンスは変わっていません。たとえば、どんなビールもある程度の温度がないとその風味を存分に味わえないわけですが、凍らせたジョッキでキンキンに冷えたビール(ピルスナー)を飲みたいときもあるわけです。それを、「ビール本来の風味を殺してる」なんて否定することは、絶対にしたくはありませんね。その場で自分が良ければすべてよし、です。

出身地と現住所

未成年のうちは伊豆半島の付け根で過ごし、以来東京に暮らす万年おのぼりさん

性別

地ビールについての想い

ここをのぞいている方には敢えて言うまでもありませんが、ビールにはさまざまなスタイルがあります。しかも、同じスタイルの中でも味のバリエーションは千差万別。つまり、初めての銘柄を口にするたびに、新しい驚きに出会えるのです。国内には大小さまざま、驚くほど多数の醸造所があります。 世界には、それこそ「無限」と言いたくなるくらいの醸造所があります。一生かかっても飲み尽くせない奥深さ、それが最大の魅力ではないでしょうか。

ご本人のアピールポイント

今もビールだけでなく、お酒一般が大好きです。家飲みも店飲みも、独り飲みも宴会も好き。それなのに何故ビールに注力しているのか? それは、バリエーションの幅広さもさることながら、その気になればたいていの製品を口にすることができるからです。これが、ワインだったらそうはいきません。フツーのサラリーマンが超高級なビンテージワインなんて飲めませんよね? でも、ビールなら手を出せます。どうせ突っ走るんだったら、トコトン突き詰めたいじゃないですか。自分が飲みたいビールを飲めること。そして、飲みたいビールが尽きないことが飽きっぽい私をビールに固執させる理由です。

ブログ

カコログ http://flyingbeans.cocolog-nifty.com/blog/

その他自己紹介

日々の雑務に追われる専門雑誌編集者(書籍/ムックになる企画も、常時募集中です!)。飽きっぽいのに妙なところで凝り性全開。目下のところ、ビールとナポリピザと株にハマってます。

厳選地ビール330ml(原則6本)月々3,600円

ビールの銘柄により内容本数や常温/チルドの発送方法に変更がある場合がございます。
離島・山間部など配達に時間のかかる地域へのお届けの場合、別途離島料金が発生する場合がございます。

できたてすぐを一番蔵出しのチルドで毎月お届け

ご入会案内

新着の地ビール

穂高ビール

北アルプスの恵みと確かな技術が造りだす

長野県からお届け:2021年9月

ただいま選定中です♪

決まり次第お知らせいたします♪

からお届け:2021年10月

ただいま選定中です♪

決まり次第お知らせいたします♪

からお届け:2021年11月