こぶし花ビール

2012年2月に埼玉県からお届け

決して急がず、本当の豊かさが感じられるビールだけを、
少しずつ造り続けています。

こぶし花ビールは、2001年4月、埼玉県羽生市の農林公園キヤッセ羽生園内に誕生して、今年で10周年になります。
こぶし花ビールは麦の酒らしさにあふれたビール造りを心がけています。もともと穀物の特徴を色濃く持つビールには、穀物を口にしたときに人が抱く、根源的な安ど感や満足感があります。そんな満足を存分に味わって頂きたいから、あら挽き麦芽をぜいたくに使い、引き締まった味わいにするため麦汁の煮沸時間を長く取ります。さらに、〈タンクの中そのまま〉のうまさを味わって頂くため、ろ過や熱処理など保存処理をせずに出荷します。このように、決して急がず、本当の豊かさが感じられるビールだけを、少しずつ造り続けています。

作り手の紹介
醸造責任者 市岡 慎司
1962年生まれ。東京でビアパブ勤務ののち実家のラーメン店を引き継ぐも、ビールへの思い断ち難く、地ビール黎明期の1993年頃より郷里飯田市の地ビール研究会(飯田市観光協会青年部)に参加。1996年~1999年 飯田ビール株式会社 工場長。2001年~現在 株式会社羽生の里 羽生ブルワリー 工場長。長野県出身

お知らせ
こぶし花ビールを製造する羽生ブルワリーは、羽生市設立の「農林公園キヤッセ羽生」園内にあります。東北道羽生インターチェンジから約5分。隣には利根川水系の水性動物を集めた「さいたま水族館」があります。北関東方面へお出かけの際は、農林公園キヤッセ羽生に是非一度お立ち寄りください。(月曜休)

こぶし花ビールよりお届けするビール

ピルスナー

黄金色ラガービール発祥の地、チェコ・ボヘミア地方。中でも味わい豊かな南ボヘミアのゴールデンラガーを忠実に再現しました。色がやや濃く、しっかりとした麦芽の飲み応えと清々しいファインアロマホップの香りが感じられるビールです。このタイプのビールは、今日では大手メーカーをはじめ、世界のビール生産量のおよそ9割を占める淡色ラガービールの源流(ルーツ)でもあります。
アルコール度数 5.0%

IPA(インディア・ペールエール)

大航海時代、海を越えて世界各地に運ばれた英国のエールビール。中でも喜望峰を廻ってアジアへ運ばれたビールは、大西洋・インド洋と灼熱の赤道直下を二度越える必要がありました。そんな過酷な環境にも耐えるタフなビール、それがIPAです。
このIPAを英国国内向けにアレンジしたのがイングリッシュスタイル・IPA。フラワリーなゴールディングス・ホップの香る、フルボディで苦味もマイルドなプレミアム・エールです。 アルコール度数 6.5%

ベルギーホワイト

コリアンダーとオレンジの果皮で香り付けした、ベルギーの代表的な小麦ビールを再現しました。白くかすむことがあるのは、小麦の成分とビール酵母がはいっているから。ハーブのような香りとフルーティな味わいは、ワインやカクテル好きの方にもおすすめです。日本の法律では、スパイスなどの副原料が使われると〈発泡酒〉になりますが、主原料では大麦・小麦麦芽100%、本場ベルギーでは〈ビール〉として扱われます。
アルコール度数 5.5%

厳選地ビール330ml(原則6本)月々3,600円

ビールの銘柄により内容本数や常温/チルドの発送方法に変更がある場合がございます。
離島・山間部など配達に時間のかかる地域へのお届けの場合、別途離島料金が発生する場合がございます。

できたてすぐを一番蔵出しのチルドで毎月お届け

ご入会案内

新着の地ビール

サムライサーファービール

グラスに注いだ瞬間から広がるモルトの芳醇な香り

静岡県からお届け:2020年1月

志賀高原ビール

この地だからこそできる味

長野県からお届け:2020年2月

ただいま選定中です。

決まり次第お知らせいたします♪

からお届け:2020年3月